マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

第15回世界バレエフェスティバル Bプロへ

2018-08-10 13.35.582018-08-10 13.36.49

今回はAプロに続き、Bプロにも行ってきました!
Aプロに出演していたアーティストペアがBプロでは違う作品を踊るので、同じペアでもこんなに作品によって印象が違うのか、とあらためて感じました。今回もオペラグラスで、しっかり足元のポワントの紐の結び方をみたり、トウシューズ自体の違いをみたりしていましたが、人によって(あるいは作品によって)素材や色やゴムをつける位置や結び方も全く違うんですね。
どの作品も、どのペアも良かったけれど、第一部の「ムニエコス(人形)」のヴィエングセイ・ヴァルデスとダニエル・カマルゴは、人形の動きが難しいのに自然で、人形たちの思いにもぐっと来ました。
第二部ではアシュレイ・ボーダーとレオニード・サラファーノフの「白鳥の湖より第3幕のパ・ド・ドゥ」。アシュレイ・ボーダーがもう圧倒的な安定感(って素人の私がいうのもなんですが)。
第三部のアリーナ・コジョカルや、サラ・ラムもさすがです。
最後の第四部、「じゃじゃ馬馴らし」のエリサ・パデネス、ユーモラスで勝気なキャラクターが楽しかった。
「アダージェット」のマリア・アイシュヴァルトとアレクサンドル・リアブコもステキだった。
そしてアレッサンドラ・フェリとマルセロ・ゴメスの「オネーギン第3幕のパ・ド・ドゥ」は、アレッサンドラ・フェリの演技と技巧はもう年齢を重ねた賜物という感じ。最後の叫びの表情が迫力満点。
そしてトリの最後のダニール・シムキンとマリア・コチェトコワの「ドン・キホーテ」!
ダニール・シムキンの気合の入ったキレッキレのジャンプやぶれないピルエットが会場を興奮の渦に。これぞバレエフェスティバルの盛り上がり。4時間超えの鑑賞でしたが、とっても充実していました。あ~~、楽しかった!

Written by intervistatokyo

2018/08/10 at  

カテゴリー: バレエ

第15回世界バレエフェスティバルへ

2018-08-01 17.32.47

3年に一度の世界バレエフェスティバル、私は今回で3回めの鑑賞です。今日はAプロ初日。
ものすご~く楽しみにしていました!
クラシックとコンテンポラリーの演目が程よく組み合わされたプログラムで、次々に繰り出される世界のトップクラスの華麗でタフな踊りにもう圧倒されどおしでした。
4時間15分(休憩は3回)も苦にならず、存分に堪能致しました(冷房がかなり強かったのでクロークでひざ掛けをかりましたが、途中から興奮して暑くなり問題なし)。ずっとオペラグラスで足や表情や背中や腕の動きをみたりして、忙しいのなんの。当たり前ですが、どなたもさすがの一言。鍛錬の美ですね。
個人的にはオーレリー・デュポンとダニエル・プロイエットの「・・・アンド・キャロライン」、エリザベット・ロスの「ルナ」、アレッサンドラ・フェリとマルセロゴメスの「アフター・ザ・レイン」をみていると女性陣、もう年齢なんて関係ない、ずっと踊っていられそうと思いました。
特にエリザベット・ロスの「ルナ」はしなやかで強くて輝いていました。
アシュレイ・ボーダーとレオニード・サラファーノフの「タランティラ」もパワフルで楽しかったし、最後のミリアム・ウルド=ブラ―ムとマチアスエイマンの「ドン・キホーテ」は、やはり大盛り上がり。
ヤーナ・サレンコの「瀕死の白鳥」も良かったけれど、やっぱり「瀕死の白鳥」は私の中ではウリヤーナ・ロパートキナの瀕死の白鳥が一番です(第14回の世界バレエフェスティバルで観てもう一生忘れません)。
そういえば第12回の世界バレエではシルヴィ・ギエムも出演していたなんて、と時の流れを感じながら帰路につきました。

Written by intervistatokyo

2018/08/01 at  

カテゴリー: バレエ

台風の通過中に掃除とパソコン注文

西日本豪雨の被災地の人達にとってはせっかく泥や砂をかきだして生活を復旧しようとしたところに、台風12号の異例な進路で本当に気が休まらないことと思います。よりによってこんな進路で進まなくても・・。
昨日は、東京では台風が夕方からひどくなるということで予定していた妹たちとの会食をリスケして、ぽっかりとあいた時間でお風呂掃除と床掃除などを突然夫婦で始めました。こういう時は外に出るのをあきらめて掃除に集中。
さらに私は事務所のノートパソコンを買い替えたかったので、週末ネット注文だとクーポンがつくという情報を教えてもらい、思い切って明日買うために今日下調べ。
顔認識のカメラをつけるかつけないか、とか持ち歩く時のためにSIMカードを入れられると便利だけれどどうするかとか、初めて知ることばかりで、いやはや、選ぶにも友人のアドバイスなしには出来ないので、アドバイスしてもらいながら注文構成を決定。
なんとか今日ネットで注文しました。クーポンですごく安くなったので、いい買い物ができました。
届くのが楽しみ~~。今週は、9月に実施する海外での調査に向けて色々と準備していきます。

Written by intervistatokyo

2018/07/29 at  

カテゴリー: 買ってみました

高原ゴルフ~2018夏

2018-07-13 14.11.59

3連休を使って、今年も高原でゴルフをしてきました。

これまでにない湿度と暑さでしたが、木陰に入ると風がさ~っと流れて体感温度がだいぶん違います。
ラウンドは久しぶりだったのと、ドライバーを変えたので最初恐る恐るでしたが、なんとか2日間ラウンドしました。
昼間は暑くても、夜は気温が下がるため冷房なしで睡眠できて体力が回復できるところが何といっても嬉しい。
焼き肉や美味しい十割蕎麦も食べて、そして例年通り野菜やブルーベリーもたくさん買って戻ってきました。
帰宅後、東京の水は冷たくないな~と差を感じましたが、次の瞬間、西日本豪雨で被災した愛媛、岡山、広島の人達のことを思い、水が普通に出てくることを感謝せねばと反省しました。
1日も早く被災地の水道が復旧しますように・・。

Written by intervistatokyo

2018/07/17 at  

カテゴリー: その他, 行ってみました

代々木でタイ料理

これだけ暑いと甘酸っぱく、スパイシーで辛いものが食べたいな~と思っていたら、まるで願いが通じたかのように、代々木でタイ料理一緒にどうですか?とのお誘いが!
誘ってくれたのは、一緒に仕事しているプロジェクトの若い人達。
初めて行った「ソムタムダー」は、去年できたばかりのお店でカゴを使ったインテリアがとてもかわいい。
人気のお店みたいで、金曜日ということもあって予約客で満席でした。
タイのイサーン(東北)地方の料理をメインにしているお店で、ソムタム(青パパイヤのサラダ)やラ―プ(ひき肉とハーブのサラダ)やコームヤーン(豚肉を焼いてスライスしたもの)などなど、沢山食べちゃいました。
どれも美味しくて、暑い夏の金曜夜の解放感にピッタリ。特にソムタム、私は好きでいっくらでも食べられます。タイビールやパクチーやミントが入ったカクテルを飲みながら、仕事とはまったく違う話で大いに盛り上がりました!

Written by intervistatokyo

2018/07/06 at  

「白鳥の湖」(東京バレエ団)を観てきました

姪と行く予定でしたが、姪の仕事が入ってしまったので、「白鳥の湖」が大好きという友人につきあってもらって観てきました。

2016年にも東京バレエ団の上野水香さんの「白鳥の湖」は観ていまして、昨日は、川島麻実子さんのオデット/オディール。「白鳥の湖ブルメイステル版」は、演劇性が強く、最後の4幕の終わり方がとてもドラマチック。
音楽と舞台美術と踊りとが一体になって、ダイナミックなエンディングでした。
男性では道化役の池本祥真さんが軽やかでジャンプ高くて、回転の軸もぶれていなくて素晴らしかった!
川島麻実子さんはじめバレリーナたちの足や腕や背中を見るにつけ毎回思いますが、日々の厳しい鍛錬によってこのような動きが出来ていて、そのうえでこの舞台が作れていると思うので、すごいです。

今週は、グループインタビューもあり、また一層暑い日々のようですが、サッカーWC決勝トーナメントも観ながら(気にしつつ)(笑)体調整えていこうと思います。しかし、ほんとに暑い・・・。

Written by intervistatokyo

2018/07/01 at  

カテゴリー: バレエ

競合製品(カテゴリー)の試食

プロダクトアウトでなく、消費者起点で新製品開発をする実践的な研修のアドバイザリーを今年からさせていただいてまして、コンセプトの段階まできています。
競合含めて参考になるようなカテゴリーの食品を先週から試食しまくっています。
何年も前に、ある企業の菓子の調査をした時、甘い競合製品を食べすぎて虫歯がいっきに増えてしまいましたが(笑)、今回はそういうことにはならない食品カテゴリーですので、安心して食べております。

先週あらためてコンビニやスーパーを廻ってみましたが、いかに普段の買い物では決まったところしか見ていないことか!
いつも見る決まった棚の2~3の候補からだいたい決まった製品を買うという購買行動に落ち着いている人は多いはず。売り場で新製品に気づいてもらうことは大変なこと。まして、普段立ち寄っていない棚を見るように興味を持ってもらうことはもっと大変なはず、習慣になっている行動を変えてもらわなくてはなりませんから。
今週はそれぞれが食べてみた感想を持ち寄って、さらにコンセプトが具体的になっていく予定。楽しみです。

Written by intervistatokyo

2018/06/24 at