パッケージ開発のためのリサーチの活用

今年4月からスタートした商品開発のための研修も第6回目。今週、6回目を2チームに分けて行いました。これまでアイデア→コンセプト作成→コンセプトテスト→と進み、試作品とパッケージ案も出来たところで、今回は、試食会で味の評価とパッケージ案の討議を皆でしました。
売り場はどこ?これで目立つ?ちゃんとコンセプトが理解してもらえそうか?アイコンの意味は?価格の妥当性は?などなど。味の評価だけでなく、パッケージについても異なる意見がたくさん出てきました。

新製品のパッケージ開発の場合には、中長期的なブランド展開も考えて、カラーやロゴなどを設計していくことが大事。デザイナーさんにコンセプトや製品を出す意義などをきちんと伝えた上で案を作ってもらわないとなりませんが、そもそもその前に社内でちゃんと決めきれていない要素があったり意見が割れていたりすると、中途半端なオリエンになってしまうこともあるのではないかと想像しています。
難しいですが、迷っている点があるのであれば複数の方向性の案を作ってもらい、それらをターゲット層に見てもらってどう評価されるかを決める時間と予算の確保が必要です。
そういう意味で、試食(HUT)のタイミングでパッケージについても、リサーチでデータ(根拠)を得て、ターゲット層がこう感じているという根拠を示せば、社内合意もスムーズにいくはずです。いやあ~、開発者は社内と市場(ターゲットなど)と両方を気にしながら進めていかねばらならないので、大変ですよね。

ところで今日はショパンの命日だそうです、第18回ショパン国際ピアノコンクール、12人のファイナリストに日本人ピアノストも2人が残っていますね。オンラインでもすべての演奏が聴ける時代、ほんとすごいですよね、先週も聴いていましたが、今週も楽しみです!

豊穣の秋

2021-10-09 11.29.192021-10-09 08.06.55

八ヶ岳南麓へ。秋晴れのきれいな空気をすって秋を味わいました。ゴルフもラウンドは久しぶりでしたが楽しめました。標高の高いところは紅葉し始めており、少しだけドライブもでき、お天気に恵まれました。

田んぼは、刈りとられるのをまつばかりの黄金色に輝く稲穂がとってもきれいで、新米が楽しみです。そばの畑は夏の白い畑からもうすっかり茶色になっていて、まもなく新そばの時期ですね。

今週は、木金が研修です。2チームに分けて少人数で試食もしながら進行します。

「売れるパッケージデザイン」小川 亮著(日経BP)を読みました

2021-10-02 19.36.52

10月に実施する研修でパッケージ調査のことも少しお話することもあって、私の体験だけではなく、理論的な背景も知っておきたかったので、この本をKindle版で読みました。とてもわかりすく具体的で、メーカーの方がデザイナーにオリエンする時に何を用意し、どう説明して巻き込んでいくかまで説明されていました。

そもそもパッケージがマーケティングにおいてどのような役割を果たすべきなのか、またパッケージ調査を実施する場合には、何に気をつけたらいいのか、コンセプトの合致や評価軸についても体系的にわかります。

やっと緊急事態宣言が解除して、2年近く会っていなかった女友達とテラス席であ~だこ~だとおしゃべりしながら会食出来たのが嬉しかったです。やっぱり会って話せるのが一番ですね。この秋は、少しずつご無沙汰している友達とも再会したいところです。もちろん気をつけながら、ね。

旅が恋しいですよね

食べ物と芸術の秋。友人が教えてくれた「甘美なるフランス展」(Bunkamura)、迷いましたが、久しぶりに渋谷へ。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソ、マティスなど、28名の画家の作品が展示されていました。
デュフイの4つの屏風をつないだような朝から夜までに移り変わるパリの景色を描いた作品を見ていると、コロナ前に考えていたパリへの旅、やっぱりいつか実現したいな~という思いが再び出てきました。また、シャガールのオペラ座前の広場の絵を見ても、オペラ座でバレエが観たかった・・オペラ座のシャガールの天井画もみてみたいし、、とまたため息。コロナ終息まで当分無理でしょうけれど、、でも楽しみは先にとっておきましょう。今できることを、ですね。今できる事と言えば、ついつい美味しいものに気が向かっちゃいます。そろそろ栗ご飯も食べたいし。。

今週は、10月中旬の研修のための準備その他にとりかかる予定です。

台風一過の青空と秋の日差し

昔むかし、子供の頃、「台風一過」と聞いて、頭の中で自動的に「台風一家」と変換してしまい、すっきりとした青空を飛ぶ陽気な台風ファミリー(一家)を勝手に想像していました。最近友人が、「酸素飽和度」が頭で「酸素フォワード」に自動変換されてしまい(ラグビー好きの女友達です)、私もその話を聞いて以来、酸素フォワードとしか思えなくなりました。そういう楽しくなるような変換。いいですよね。

さて、3連休の最終日、今日は上野の森美術館で「蜷川実花展」に行ってきました。初めてスマホアプリで日時予約をしてチケットを画面上で提示して入館。時間指定で、混まずに並ばずに入れました。桜の写真も良かったですし、特に彼女の亡きお父さんの具合が悪くなってからの1年半ぐらいの間の、彼女がみたおりおりの風景の写真が心に残りました。

昨日と一昨日は、秋にホームユース・テストで試してもらう試食品2品を、私も家で試しました。私が競合と思う食品も複数買って食べ比べもしてみることに。いざ回答してみると、ホームユーステストに協力する対象者の人の気持ちも少しわかったような気がします。アンケートの回答ではどこまで書くべきかと結構迷うものですね。きっと書ききれないことがたくさんあるはず。私もいくつかあったので、インタビューではそういうことを聞きだせるよう私も前もって試食できて良かったです。

コロナ禍2回目の秋

今週来週は、10月に実施する調査と研修の企画をたてています。
調査の方は、オンラインでのグループインタビューを5グループ実施予定です。5月に実施した調査の次のフェーズの調査です(改定版コンセプトとパッケージ案の絞り込み)。
研修の方は、コロナ禍、大勢では集まれないため小人数でも目的にかなうよう2チームに分けて実施することも検討中。こちらも実施するならば10月に。
思い起こせば、昨年11月はまだアクリル板を置いてリアルでのグループ・インタビューをしていたと自分のブログをみて思い出しました。あれから1年。ずっとリアルでのインタビューはしていないことになります。

そして9月は決算月でもあるので、あれこれ忘れそうになっている会計データの入力などもしてバタバタしています。秋の気分になってきました。久しく行っていない美術展やコンサートにもそろそろ行きたい気分。2重マスクで感染対策をしてしゃべらずおとなしく鑑賞しないといけませんが、それでも気分転換にはなると思うので、やっぱり予約しようかな、悩ましい~。昨年の秋に感じていたより、このコロナ禍の生活はさらに長引くであろう現実が見えてきてちょっとうんざりの秋ですね。

築地場外市場へ

天気もどんよりだし、デパ地下行くのも心配だし、そうだ、築地へ行こう!と夫と久しぶりに築地へ行ってきました。
カツオの刺身、カツオのオリーブオイル漬け、マグロ、豆醤、イチジク、アボガドなど沢山買ってしょってきました。
夜にカツオのたたきを作り、マグロはアボカドとあえて、昼食にはカツオのオリーブ漬けをサラダにのせて食べてみましたが、美味しかった~。豆醤(豆で作った醤/ひしお)は、初めてですが、麺とからめたり、グリルした野菜にのせたり、豚しゃぶサラダにもいいということなので、何にあうか色々試してみたいです。
市場のいいのは、会話できるところ。お店の人にあれこれ質問しながら買うのは楽しいものです。
ですが、インバウンド観光客の人達とひしめき合いながら買い物していたコロナ以前とは全く違って、閑散としていました。早く賑わいが戻るといいのですが、なかなか先が見えない状況ですね。友達と笑い、おしゃべりしながら外食していたころの時間がとても恋しいです。

来週は、web調査の分析や新しい調査設計の打ち合わせをする予定です。

やっと夏休み

先週の第5回目研修でいったん今年の全員集合型での研修は完了し、これからは改良した個別コンセプトごとに試作品の調査へと進みます。
ということで、ひと息ついた感もあって、迷いましたがこの週末は車で久しぶりに八ヶ岳南麓にやってきました。
2021-08-28 19.17.21-12021-08-29 14.21.37
写真は昨日DIYの道具を買いに行った地元ホームセンターからの帰り道くっきりみえた南麓からの八ヶ岳。白い花が咲いているそば畑も季節の風景です。夜は、夫が七輪でプチBBQ調理。暑さを逃れてリフレッシュできました。

調査対象者をどう設定するか

今週水曜に、第5回目の研修を実施します。
新製品の開発プロセスにおいて、コンセプトのブラッシュアップ、試作品のテスト、パッケージ調査をするにあたって、どのように調査対象者を設定したらいいのかについて、講義します。そして、前回の研修でテストしたコンセプトごとのベンチマーク製品を再度練り直し、調査対象者として選びたい人についてワークショップで考えます。

すでに市場にローンチしている製品の調査であれば、該当するカテゴリーのユーザーから自社製品のユーザーを選び、かつ競合製品のユーザーにも聴けば、現状認識や課題の確認ができますが、まだ市場に確立したカテゴリーがないような領域を狙う新製品ですと、そこが簡単ではありませんので、いくつか仮説をたてて、対象者を選ぶことで確認ができるようにします。

それにしても、コロナ感染者のための病床は逼迫。自宅療養している人はどんなにか不安だろうかと思います。私の周りでこの半年で3人、コロナのこの状況で出産した親戚や友人がいますが、話を聴くととても大変だったようです。早くこんな状況から脱したいですが、抜け出す道筋が見えませんね。。。

第16回世界バレエ・フェスティバル@東京文化会館

2021-08-14 13.08.10
劇場でのバレエ鑑賞、久しぶりです。大事に持っていたチケットを無駄にしたくなかったのでかなり悩みましたが、2枚重ねのマスクで昨日上野へ行って参りました。コロナ禍で会場では「禁ブラボー」令が出ており、皆さん黙って拍手で讃えていました。

3年に一回、世界中のトップクラスのバレリーナが出演するこのバレエフェスティバル、私は4回目(2009、2015、2018、2021年)です。最初に見てからもう12年もたつのか~。14日(土)Aプロに行ってきました。主催するNBSの方々も世界中から参加するバレリーナの方々も本当に開催できるのかどうか、、この数か月ドキドキだったことと思います。

菅井円加さんとアレクサンドル・トルーシュさんの「パーシスタント・パースウエイジョン」、初めて観ましたが、2人の息がとってもあっていて、菅井さんのしなやかさな強さというのでしょうか、素晴らしいですね!
今年5月に英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに昇格した金子扶生さんもエレガントで華やかで表情豊かで楽しみなダンサーですね~。オニール八菜さんも安定の美しさ。フリーデマン・フォーゲルは、ユーゴ・マルシャンが入国規制でBプロから参加となったため、2回「オネーギン」で出ておられ頑張っておられました。私はユーゴ・マルシャン、楽しみにしていましたが、残念でした~。キム・キミンは、期待通りの高いジャンプと滞空時間の長さで圧倒的でした。
スヴェトラーナ・ザハロワの「瀕死の白鳥」も堂々たるものでした。ザハロワさん、日本に来られなくなったダンサーのピンチヒッターとして急遽参加になったのですね、大変だったことと思います。
「瀕死の白鳥」は、私にとっては第14回(2015年)にみたウリヤーナ・ロパートキナの瀕死の白鳥が圧倒的に心に残っています。白鳥が息絶えていくそのはかなさ、悲しさ、弱いながら最後まで諦めない命の強さなどが彼女の腕の動きや背中や彼女の精神性から伝わってきて、もう涙ものでした。

2幕の冒頭では、今年亡くなったパトリック・デュポンの追悼の映像が流れ、サービス精神満点の心のこもったその踊りに会場はまるでそこに彼がいるかのような大拍手が生まれました。きっと彼のパフォーマンスを知っている方々にとっては、懐かしく、そして今でも生きているかのような気持ちになったことと思います。感動するパフォーマンスって感動と共に心に深く刻まれますよね。