マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

東京のプチねぶた

CIMG4434CIMG4436

昼は夫と実家に行き、父のお見舞い。
1週間の入院を経て、今は在宅で週3日の訪問看護と週1日の医師の往診がはじまり、私も週2日ほど父に会いに&妹のサポートに行っている。訪問看護師さんは、体温&血圧測定はもちろん、食欲と睡眠はどうか、痛みはどうかなどを確認し、さらにはむくんだ足のマッサージと足湯までしてくれる。
訪問看護師さんの投げかけの言葉などを聞いていると優しいながらも相手の反応をしっかり見ながら観察していてさすがプロ。
私も彼女にわからないことを聞いたりすることでほっと出来ることも多い。家族以外のプロが家に来てくれるのは、す~っと風がとおる感じ。ケアマネジャーや地域包括支援センターの人からも、「いつでも気になることがあれば何でも言ってくださいね」と言ってもらえることが心強い。
夜、靖国神社で「東京ねぶた会」が山車を披露していたので見に行った。すごい人、ひと、ひと、、。
1台だけの”プチねぶた”だったけれど(いつかは本場のねぶた、みてみたい)、なかなか迫力ありました!
食が細くなってしまった父を思うと、自分ばかり食べていいのかとか痛みは強くなっていないかとか常に頭から離れない。そんな時こういうお祭りで一瞬でも他のことに完全集中出来ると軽くなる。ほんとにプチでも一瞬でもいいのでハレとケ、両方必要だってこと、実感します。

Written by intervistatokyo

2012/07/14 @  

カテゴリー: 行ってみました