マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

2012年8月に読んだ本

CIMG4505

「ビッグデータの衝撃」城田真琴著(東洋経済新報社):ビッグデータという言葉を聞く機会が増えて、これは読んでおかないとと思って手にとった。専門的な内容も多く、はたしてどの程度理解できているかはわからないが、普段アマゾンなどを使ったり、ポイントカードを使って買い物したりしている裏で着々とそして粛々と、、個人個人のデータが蓄えられ、とんでもない規模の大洪水のような量と種類のデータがどんでもない速さで更新されているとは、、。なんとなく感じていたけどやっぱり驚き。
文字データだけではなく位置情報などの画像データも含めると、一方でプライバシーをどうするか、ということは大きな問題だ。「忘れられる権利」の導入も考えられているとか。フェイスブックなどで学生時代に気軽に入れていた情報が就活で不利益にならないようにという想定のもとだという。自由に情報を提供する権利や手にとる権利と、それに伴うリスク。便利なツールを手に入れたわれわれが今後解決していかなくてはならないことは多い。

「『先読み力』で人を動かす」村中剛志著(日本実業出版社):縁あって著者の村中さんと会う機会があり、読ませていただいた。
8000人を率いるボスの補佐を務めた経験から、また現在も数百人の部下を持ち仕事している経験から、時間をどう管理するか、プロジェクトをどうマネジメントするかが具体的に紹介されている。自分の時間価値の計算と考え方(私自身以前勤務していた会社でもよくいわれました)、3週間スケジュール、月曜日のミーティングのやり方、成果を生む会議の前の段取りなど、、組織で働く若手社員にとってとても役立つ本だと思う。おめにかかっていろいろお話すると村中さんはイギリス駐在経験もあり、現在は中国に赴任。グローバルに肌身をもっていろんな経験を重ねておられる。海外に出ていかない若手が多いといわれるなか、こうして研鑽を積んでいるたくましい若手がいることがすごくうれしかった。

Written by intervistatokyo

2012/08/31 @  

カテゴリー: Books