マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 9月 2012

2012年9月に読んだ本

CIMG4545

「ワールドカフェをやろう」香取一昭・大川恒著(日本経済新聞社):”ワールドカフェ”とは、いろんな立場にいる人たちが意識を共有しながら問題解決に結びつけていくためのアイデアを創出する一つの手法だそうです。自治体、学校、NPO、病院、企業内などで利用されているとのこと。最低16人から最大では数百名規模までが参加できる手法というところが面白い。
具体的なやり方が知りたかったので、この本である程度概要がつかめました。最後にファシリテーションするパートが一番肝な気がする。

「コミュニティデザイン」山崎亮(学芸出版社):行政や自治体にひっぱりだこの”作らない”建築家、山崎亮氏は情熱大陸にも出演された人で、社会の問題を対話の場を作りながら一緒に解決していこうという意識の高い仕事人だと思う。阪神淡路大震災も大学生の時に経験している。中で紹介されている公園、過疎化した島、病院、高層マンションの例などがとても興味深い。今こういう時代なんだな~としみじみ思う。箱もの作って終わりの時代は終わったってことですね。

「ワークシフト」リンダ・グラットン(プレジデント社):姪や甥が働くようになる未来では一体どんな働き方になるのだろうか、とふと思い書店で手に取ってみた。人間の代わりに介護を援助するロボットが開発されていたり、ITツールが発達して記憶すべき事柄はなんでもデジタル化してサーバー上にアップするようになると人間の脳の役割、人間がすべき仕事って?と考えてしまう。昔のジェネラリスト的な職種は大部分ロボットがやるようになると専門性の高い仕事、知的な仕事しか残らなくなのだろうかとも思う。みんなが専門性の高い仕事にはつけないわけで、じゃあ、どうしたらいいのだろう。この本では2025年を想定し、たくさんの事例を盛り込んで、読んだ後自分の国では、自分の場合は、どうしたらいいのかが考えられるようになっています。いろんなエピソードから自分は何をシフトしてどういう働き方をしていけばいいのか、それを考えるヒントが得られる本。
私が時々読む「ちきりん」さんのブログを見ていたら、この本の公開討論をツイッター上で10月2日夜に実施するようです。http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120925

Written by intervistatokyo

2012/09/29 at  

カテゴリー: Books

iPhone5 買いました!

CIMG4548

無理して発売初日に買おうなんて意欲は全くなかったのだけれど、すでにiPhone使っている友人に話を聞いていたらうんと使いたくなってきて、ついに今日買うことに。
とは言え、私がいつも頼りにしているITアドバイザリーの友人に話を聞いてみるとバッテリー消耗のことや、地図のことなど不安要因もあって、昨日まで実は本気で迷っていたのだけれど、とりあえずの気持ちで予約していたauショップから昨日電話があり、「明日買えますが、、」と言われたので今日の夕方の予約を入れておいた。
今日は午後、某大学の先生に研修企画の情報収集でいろいろお話を伺い、あっという間に時間になっていたので、慌ててauへ。でも恐れていたような行例や混雑は全くなくて(そこは実は穴場的なショップだったので予約したんですけれど)、ついに買う気に。

今回私の期待としては、テザリングという機能がよさそうだな~と思っていた。iPhoneを無線発信機のように使える機能で、それなら今使っているe-mobileを解約しちゃえばいいかもと思ったのが動機。さっそく家に戻って試したところ、ちゃんとモバイルパソコンにつながりました!しかも割合速い(と思う)。テザリング料金(月額525円)も今回2年間は無料というのもお得感があったし。

Mapは予想通りちょっと残念なことになっていました(駅名とかが入っていない)が、これはグーグルマップを使うことでなんとかなりそうかな?

auだとホームスポットという3台までつなげるWifi機器も無料でレンタルしてくれて、これまた便利です。
メールも設定出来たし、今日のところはこれで完了。あとはまた明日ゆっくり。

Written by intervistatokyo

2012/09/21 at  

カテゴリー: 買ってみました

聞いてもらって

CIMG4501CIMG4502

人は自分のちょっとした体験を人に聞いてもらって、話すことで「ああ自分はこう感じていたんだ」とか「やっぱりあれでよかったんだ」とか感じるものなんですよね。両親を亡くしてみて初めて感じる喪失感とか、心もとなさとか、看病のときの気持ちとか。8月には、そういうことを友達や先輩に聞いてもらってずいぶん助けてもらいました。

吉祥寺の丁寧に作られたマクロビカフェのおいしい料理を食べつつ大学時代の友達と話し、表参道のカフェで友達とあれこれおしゃべりし、そして「ミクニ丸の内」(写真)では丸の内で働く先輩(働きながらお母さんを介護された女性)にも聞いてもらって気持ちが楽になりました。
親をなくすことはいつかは誰でも経験するものですが、看取り方はというと本当にそれぞれのいきさつがあり、気持ちがあり、プロセスがあるものなのだとわかりました。正解はなくて全部が正解というか、それぞれが考え抜いてベストと思ったことがベストなのだなと思います。

9月になって、仕事の資料集めや企画書づくりなどに没頭している時はいいのですが、ニュースで政界のドタバタを見ていると「父がいたら多分こんな風に言っていたよね。」と、夕飯時に夫とそういう話になることが多く、そうすると二人ともじわ~っとなってしんみりしてしまいます。しばらくはこんな風に父の目がとりついてしまったみたいになるんでしょうね。

Written by intervistatokyo

2012/09/03 at  

カテゴリー: その他