マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 10月 2012

2012年10月に読んだ本

2012-11-01 10.28.08

「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」:山中伸弥著(講談社)
ノーベル賞の発表後、本屋で一番先に山積みされており、すぐに手にとってしまった。
中学生から読めると帯にあるように確かにわかりやすい!
仮説検証するための独創的な実験手法を考え、覚えやすく使ってもらえるような細胞のネーミングを考え、信頼に値するメディアとしてどの科学誌で研究成果を掲載するかを考え、、とひとつひとつが戦略的に進められてきたのですね、すごいな~。
iPS細胞のiを小文字にしたのは、iPodにあやかって覚えやすくするためそうしたとのこと。
研究生活の中ではアメリカから日本に戻ってきた時、研究環境の落差に落ち込んだり、大学に職を得られるかどうかどうかの面接で「ノックアウトマウス作れます」と自信がなくてもはったり言って、あとからがんばったりと人生の転機における”ふんばりエピソード”もたくさん書かれていて、これは中学生でも高校生でも読めば勇気が出てきます。
アメリカでプレゼンの大切さを学んだこともすごくプラスになったそうです。
第一線の研究者でいるためには、仮説検証のための実験戦略立案、実験の協力研究者を集め・チームをひっぱるリーダーシップ、プレゼン力、実験のための資金を集める力、地道な研究を続ける強さ、ネーミング力、そして運までも含めて本当にいろんなことが必要でそれをやり遂げているところがすばらしいですね。

Written by intervistatokyo

2012/10/31 at  

カテゴリー: Books

初秋の白い花

2012-10-22 17.06.092012-10-22 17.06.49

先週、帰り道、急に咲いたのか白い花が街路樹の植え込みにたくさん出現。「田中一村の絵にこんな花にあった?」と思い、iPhoneで写真を撮っていたら、通りがかりのおばさまに「これなんという花なの?」と聞かれ「ああ~私も名前知らないので調べたくて写真撮っていたんです」と答えた。おばさまも気になるようで、「私も知らないの、きれいよね」としばし会話。
下向きに咲くのが独特で植え込みに群生していて近づくととても甘い香り。帰って調べてみたら、やっぱりあった、田中一村の作品にこんな花。下向きに咲いているところが間違いなし。
http://www.nhk-book.co.jp/goods/isson/works/detail2.html

ダチュラという熱帯に多い植物とのこと。夏から初秋にかけてロート状の花を咲かせ、かつ香りがいいので香水にも使われることもある。ただし、アルカロイドという成分が種子などにあり誤って摂取すると意識障害などを起こす作用があるとか(怖い怖い)。その特徴を生かして華岡青洲が全身麻酔に使って手術をしたとか!ふ~ん。

田中一村の展覧会は何年も前に東京で見て、なぜか記憶に残っていたのですよね。うなだれ具合が南国の花なのにちょっとさびしげでそれが今回ピンと来た理由。iPhoneのアプリで花の名前を調べるアプリがあったはず。ちょっと調べてみようかな。

ふとした時にまだまだ父のことを思い出し涙することも多く(まだ3ケ月ですし)、夫もよく「お父さんならここでこう言うよね、きっと」と思い出してくれ、ともに喪に服してくれている。

Written by intervistatokyo

2012/10/28 at  

カテゴリー: その他

人生ではじめてのこと、あれこれしつつ

両親を亡くして相続の手続きをすることになり、人生ではじめてのことなので何からどう手をつけたらいいのか、全くわからなかった。それで二人の先輩に相談して、どうしたらいいかのプロセスと注意点をまずざっくりと聞いてみた。優しい先輩、すごく丁寧に教えてくださり、感謝!やっぱり経験者に聞くのが早い。

その上で何をどういう手順で進めたらいいかをメモ書き。妹と相談し、土地はややこしいのでまずは現金から進めた。
幸い父のエンディングノートがあったので、財産リストは作らないで済んだことがまず良かった。これがないとどういう財産があるかもわからず途方にくれて通帳とか家中、探すことになるらしい。

それでも凍結した銀行の口座解約のためには、父の生まれてからの戸籍謄本一式が必要であり都合3か所の役所から取り寄せることになる。これも人生はじめての取り寄せ作業なので要領をつかめず、時間がかかった。祖父と祖母の戸籍に父が誕生して届けられて、、父と母が結婚してそして私が生まれてまた届けられて、、と戸籍をみてまたちょっと切なくなる。

私と妹の戸籍謄本や印鑑証明も各自入手する。土地に関しては評価額の出し方がわからず、ネットで路線価みたり色々したがわからないので結局税務署に行って相談をしつつ評価額を査定してもらった。相続のための分割協議書というのを作らなくてはならないようなのでその作業はこれから。そういえば土地と分割協議書フォーマットについて疑問が多々あったので、書店でムックを一冊購入した。ほんと素人がやるので手探り状態。

子供がいない人の場合、この作業一体誰がするのかな~と思わず自分の時のことを考えてしまう。プロの後見人サービスが今後増えそう。っていうか、増えないと困りますね、これは。頼むためにはエンディングノート作っておかないとだめってことですね。

そんな中、先週はCM開発のためのデプスインタビューだった。対象者ってどうしてあんなに鋭いのだろうか、核心をついたコメントに納得。

今週は、来週のデプスインタビューのための店舗の視察。車で神奈川と埼玉に行き消費者視点で観察してくる。インタビューの前に自分の中で仮説をたててみる程度には観察出来たので良しとしよう。

Written by intervistatokyo

2012/10/19 at  

カテゴリー: 気になりました

二子玉川riseにて

2012-10-09 12.02.552012-10-09 12.03.03
三連休は男女9名でゴルフ合宿2日と、家の片付け1日であっという間に終わってしまいました。
今日は、二子玉川riseの会員制のシェアオフィスに伺いました。天気も良く玉川の風景を一望しながらの打ち合わせ。
写真右のようなワークショップの出来る広いスペースもあります。

今日おめにかかったのは、三谷宏治さんhttp://www.mitani3.com/profile/
企業や学校で研修講師をしておられ著書もたくさん書かれている三谷さんはお忙しい中いろいろアイデアを出してくださいました。教えるプロであられる三谷さんにたくさんのことを学ばせていただけそう!と期待が高まっております。

Written by intervistatokyo

2012/10/09 at  

カテゴリー: 研修

ビックロ行ってきました

2012-10-01 15.01.052012-10-01 15.00.352012-10-01 14.49.532012-10-01 14.42.30

新宿近くでクライアントとの打ち合わせがあったので、帰りにビックロに寄ってみました。
ごちゃごちゃ感がどの程度なのか、ぶらぶらするにはいいけど商品具体的に選ぶとしたらどうなのかな~と思いつついったところ、次のような印象でした。

1、ごちゃごちゃ感は言うほど(?)ではない⇒冷蔵庫、掃除機など機能をきちんと比較検討したいカテゴリー商品群は落ち着いて(?)選べるように単体でおかれている。ユニクロの服とクロスオーバーしているのは、小型家電がメイン。
2、デザイン家電の売り場が他のビックカメラにはないコーナーだった。ポップアップ式のトースターやエスプレッソマシンなどちょっとデザイン優先したい家電のコーナーがあり、おしゃれな感じにできていた。そこにユニクロのマネキンあり(写真)
3、このごちゃごちゃ感は、ついで買いを促進するだけではなく、同じビルにユニクロとビックカメラが同居しているという点で家族がお互い自分の見たいものを見ながら買い物できる。GMSみたいな感じ?お父さんはお父さんで自分のみたいものを見ておき、お母さんと子どもが服を見ながら家電もちょっと見られそう、、。さらに観光客が伊勢丹に寄った帰りに来る場合も多いのではないか(伊勢丹は中国やアジア諸国の観光客多い印象)。でもこのところの尖閣諸島問題でめっきり中国からの観光客も減っているようですが、、。

ちなみに写真はiPhone5で撮影。これまではデジカメを意識して持っていき、デジカメで撮影後、家に戻りPCで写真を取り込んでいたのだけれど、iPhoneから直接Dropbpxにアップロードできるので便利!
iPhone5今のところ問題なく使えています。Siri(音声認識入力)を使ったメールの作成がサクサクできて便利です。「了解です。」とか「承知しました、ありがとうございます。」なんてほんとうにあっという間に変換できちゃいます。

Written by intervistatokyo

2012/10/01 at  

カテゴリー: 行ってみました