マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

人生ではじめてのこと、あれこれしつつ

両親を亡くして相続の手続きをすることになり、人生ではじめてのことなので何からどう手をつけたらいいのか、全くわからなかった。それで二人の先輩に相談して、どうしたらいいかのプロセスと注意点をまずざっくりと聞いてみた。優しい先輩、すごく丁寧に教えてくださり、感謝!やっぱり経験者に聞くのが早い。

その上で何をどういう手順で進めたらいいかをメモ書き。妹と相談し、土地はややこしいのでまずは現金から進めた。
幸い父のエンディングノートがあったので、財産リストは作らないで済んだことがまず良かった。これがないとどういう財産があるかもわからず途方にくれて通帳とか家中、探すことになるらしい。

それでも凍結した銀行の口座解約のためには、父の生まれてからの戸籍謄本一式が必要であり都合3か所の役所から取り寄せることになる。これも人生はじめての取り寄せ作業なので要領をつかめず、時間がかかった。祖父と祖母の戸籍に父が誕生して届けられて、、父と母が結婚してそして私が生まれてまた届けられて、、と戸籍をみてまたちょっと切なくなる。

私と妹の戸籍謄本や印鑑証明も各自入手する。土地に関しては評価額の出し方がわからず、ネットで路線価みたり色々したがわからないので結局税務署に行って相談をしつつ評価額を査定してもらった。相続のための分割協議書というのを作らなくてはならないようなのでその作業はこれから。そういえば土地と分割協議書フォーマットについて疑問が多々あったので、書店でムックを一冊購入した。ほんと素人がやるので手探り状態。

子供がいない人の場合、この作業一体誰がするのかな~と思わず自分の時のことを考えてしまう。プロの後見人サービスが今後増えそう。っていうか、増えないと困りますね、これは。頼むためにはエンディングノート作っておかないとだめってことですね。

そんな中、先週はCM開発のためのデプスインタビューだった。対象者ってどうしてあんなに鋭いのだろうか、核心をついたコメントに納得。

今週は、来週のデプスインタビューのための店舗の視察。車で神奈川と埼玉に行き消費者視点で観察してくる。インタビューの前に自分の中で仮説をたててみる程度には観察出来たので良しとしよう。

Written by intervistatokyo

2012/10/19 @  

カテゴリー: 気になりました