マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 11月 2012

2012年11月に読んだ本

 

2012-12-01 16.18.09

「ポジショニング戦略」アル・ライズ、ジャック・トラウト著(海と月社):ポジショニングについて考えることがあって、アマゾンのなかみ検索で面白そうだったので購入。事例がアメリカの商品ばかりなので今一つ想像しにくいという難点はあったけれど、「ポジショニングの問題を解決したいなら、”商品”ではなく”消費者の頭の中”をみつめよ」の1行に衝撃を受けた。本当にその通り!普段あれだけ「消費者のパーセプション」を探る定性調査が多いのだから、私自身これに気付くのが遅すぎたくらい。
この本では、ネーミングとポジショニングとの関係やラインエクステンションする場合のネーミングの仕方についてかなり具体的なアドバイスがされている。

「社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた」小暮真久著(ダイアモンド社):TFT(Table for Two)という飢餓と肥満を同時に解決するプログラムを広げているNPOの代表が書いた本。世界には貧困による飢餓状況に置かれている人が10億人いて、同じだけの人が食べ過ぎによる肥満や生活習慣病に悩まされているという事実から、この同数程度の人を同時に解決する方法として20円をプラスしたヘルシーメニューを社員食堂に作ってもらうことでその20円がアフリカでの1食分の給食コストをまかなうことにつながるというしくみを広げているそうです。すごいアイデアですよね。著者の小暮氏は、NPOと企業が組むことでいろんなことが可能になるのだということを説いています。地球上の貧困を解決したい、少しでもより良い場所にしていきたいという思いをもった彼のようなNPOの人たちがすごい力を発揮できるよう企業も一緒に手を組んで共に創っていくことができるんだなと思いました。

Written by intervistatokyo

2012/11/30 at  

カテゴリー: Books

消費者の言葉と開発者の言葉のギャップ

2012-11-25 13.49.41

製品まわりの言葉には、開発者の定義する言葉と、マーケの人が考えた消費者にささると思われる言葉、そして実際使っているユーザー側からみた言葉があると感じる。今週行ったデプスインタビューでもそれを実感。

開発の人からみたらそれは、○○ではないでしょう!?と思うようなことがユーザー側からみると「これは○○だ」と当然のように思っていたり。微妙な食い違いがある。だから研究所で開発している人がインタビューを見ていると「???」と感じることが多かったようで、今回のデプスは、それらをしっかり確認したい!との調査課題のもと行われたインタビューだった。

インタビュー後のデブリーフィングでは、入社してまもない研究所の人から長年研究所にいる人までそれぞれがインタビューを聞いて発見したことを発表。「ああ~こういう風に食い違っていたのか」と私としてもあらためての気づきが多かった。
何年もやらせていただいていた商材なのだけれど、あらためてだから開発者の方々は疑問に感じていたのか、これは難しい商材だと再認識した次第。でも、実はこの商材に限らず、研究所の方からみるとこういうギャップは実は多いのだろうな~。

Written by intervistatokyo

2012/11/23 at  

カテゴリー: 気になりました

奥沢の一軒家レストランで

2012-11-16 20.29.182012-11-16 20.54.122012-11-16 21.28.13

「はな金」って今でも言うのかな~。お友達が彼女のお気に入りの奥沢の一軒家レストランに連れて行ってくれました。
アンティークの家具やお皿がいっぱいあって、雰囲気いいのです。入るとすぐに気持ちがゆるんじゃった。
ご主人と奥さまが夫婦でそれぞれに和と洋を担当する和洋折衷のコンセプト。前菜、お刺身、そして白みそ仕立てのお雑煮とかさらにはハンバーグが出た後に、このトマト鍋!あさりやイカ、鶏肉などのうまみがたっぷり出ているトマトの鍋をいただいてから煮詰めて、リゾットにしてくださる。もう美味しくてワイン2杯もす~っと入ってしまいました。デザートのラ・フランスのソルべも香りがなんて上品。おうちにまねかれてお料理いただいているような、これぞまさしくおもてなし!ですね。友達とも久~しぶりに会って、おしゃべりして楽しかった~。
来週からまたプロジェクト立て続け、なのでこのタイミングでこんなに素敵なところでのゆっくりのFriday night は貴重な時間でした。

Written by intervistatokyo

2012/11/16 at  

カテゴリー: 行ってみました