マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

2013年1月に読んだ本

2013-01-24 10.24.58

お正月休みもあったので、結構ずっしり系の2冊。

「ファスト&スロー Thinking Fast & Slow」上~あなたの意思はどのように決まるか?ダニエル・カーネマン(早川書房):
いやあ~読みごたえありました。
これでまだ上巻のみ。ふう~。心理学ながらノーベル経済学賞をとった代表作だけあって、実験の数々が非常に面白くて、考えちゃいました。人間の脳の”システム1”と”システム2”のそれぞれのくせ、それぞれの役割というものを知りました。今後、「これはシステム1の判断だけどシステム2でちゃんんと考えた方がいいのか」とか「これはヒューリスティックに判断しているだけじゃないのか、とか色々迷いそう(笑)。
今までなんとなく理解していたと思っていたけど、「ヒューリスティック」や「バイアス」そして「アンカーリング」などがいかに我々の認識に影響を与えているのかというということが、これでもかこれでもかと実験を通じてわかりましたね。いや、恐ろしい。
アンケート票の質問を考える時、分析をする時も、もっともっとそういう影響を考えないといけませんね(今さらですが)。

「コトラーのマーケティング3.0」フィリップ・コトラー著(朝日新聞出版):2010年に日本での初版なのでもっと早く読むべきだったですが。マーケティング3.0では、ソーシャル・メディアの普及に伴って顧客である我々が企業や製品に関する評価を手軽に共有できるようになったため、これまで以上に顧客からも、社員からもその企業の社会的存在価値が認められ尊敬される企業であることが期待されるということだろうか。企業にとっては、製品性能だけではなく全人的なことを期待されるので大変だな~と思うが、それだけ世の中全体が良くなっていくことが真に望まれている結果ということだろうか。う~ん、難しい。

Written by intervistatokyo

2013/01/28 @  

カテゴリー: Books