マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

2013年3月に読んだ本

2013-03-27 10.17.09

「ずる~嘘とごまかしの行動経済学」ダン・アリエリー著(早川書房):リサーチャーの友達に教えてもらった本。行動経済学という分野の研究者の本です。
「ずる」というタイトルの通り、人はみんなちょっとずつずるをする、だからそれをいかにして防ぎ大きな不正(エンロン事件などのような)につながらないように抑止するかという社会的な使命感で著者は様々な実験を行っています。
この実験が巧みで、いろんな条件をひとつずつ加えていき、どういう条件下においてより「ずる」が大きくなるのか、小さくなるのか、、などを検証しています。自尊心を傷つけない程度の「言い訳のきく」小さいずるだと自分で許せるので誰でもそういうずるは起こしかねないのです。
また創造性が高い人ほど、自分自身のストーリーを作りやすいのでずるをしやすくなるという傾向も面白いし納得できます。
不正を促進する要因と不正を抑制する要因が、最終的にはクリアになってすっきりします。
この著者の他の本も読んでみたくなって、さっそくアマゾンで注文!

「ソーシャル・インフルエンス~戦略PR×ソーシャルメディアの設計図」本多哲也・池田紀行(アスキー新書):企業もフェイスブックの公式アカウントを運営し、LINEでも企業アカウントが続々出ていますが、そこでの表現(鉄板ネタとか)を工夫するというレベルの話だけでは「いいね!」が押される程度で消費行動までにはいたらないということ。
日々の情報においては、ほぼ無意識で選別しており、行動もほとんどはルーティン化している生活者に自分たちの情報に気づいてもらうために、いかにして世の中の空気をつくっていくのか(自分ゴトとしてそういった情報に目をむけさせるのか)はPRの戦略が必要。昨今のソーシャルメディアだけではなくマスメディアも含めて総合的なPRの設計が必要なのだということがわかりました。

Written by intervistatokyo

2013/03/30 @  

カテゴリー: Books