マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 4月 2013

2013年4月に読んだ本

2013-04-30 12.14.14

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」:ディミトリ・マーク&ポールブラウン著(日経BP社)

前半は少し難しく読むのに時間がかかった。

後半、特に第7章(最適化)と第8章(アナリティクスの未来)が面白かった。

7章では、ウエブで集められる顧客データからいかにパワーと吸引力のあるウエブコンテンツを作ることが出来るよう様々なテストが行われているのか、しかもしれは自動ツールを使って行われているということが、e-bayとオバマ大統領のウエブサイトの事例で説明されていた。

8章では、ウエブ自動解析ツールがもっと増えていくにつれ、プライバシーの認識はどうかわっていくのか(経済原則と個人情報提供のバランスをとりながら企業にとっても個人にとっても良い経済活動が行えるにはどうすればいいか)について著者の予想が示されていた。
そして今後自動化ツールが増えて行くなか、人間が出来ることは、そういった複雑なデータ分析ツールを扱う専門性の高い”技術者”、だけではなく、得られた結果をマーケティングに活かしアクションにつなげる”魔法使い”の存在なくしてはせっかくの分析結果も無駄になることがあらためて述べられていた。せっかく得られた分析結果が意思決定につながらないなどと言うことにならないよう、当たり前だけれど最終的には組織の中の人間の判断と実行力が必要ということか。

私の見ているウエブ広告(やコンテンツ)が他の人と同じではないことは、おそらくそうでしょうね~と思ってはいたけれど、将来的には私の見ているテレビ広告まで他の世帯(または別のテレビ)と違ってくることもあるのかも?!
マスメディアと言ってもどんどんターゲティングされていくかもしれないのですね、個人のデータが解析されるにつれて、、見せても無駄な広告は削除され、最適化されていくということが未来には起ってくるということがよくわかりました。

Written by intervistatokyo

2013/04/30 at  

カテゴリー: Books

奈良へ

2013-04-27 16.12.032013-04-27 16.35.242013-04-27 13.58.30

GW前半、奈良に住んでいる友人のところに行ってきました。
8年ぶりに会うのに久しぶりという気がせず、でも目の前の彼女の子供たちを見ていると確実に年月がたったのだなと思います。
3日間で三輪山の麓にある狭井(さい)神社、大神(おおみわ)神社、法隆寺、ぼたんが少し咲き始めた長谷寺、しゃくなげが満開の當麻(たいま)寺に車で案内してもらいました。歩きながらも、あれこれ話は尽きません。

また彼女に教えてもらった柿の葉寿司”ヤマト”の「焼き鯖棒寿司」は、西京味噌に漬け込んで香ばしく焼いた肉厚の鯖が美味しいこと!そして、寿司飯の間に挟まれたショウガが鯖の味わいをさっぱりとさせていくつでもいただけます。
美味しかった~!
帰る日にもう一度おみやげに買うほど気に入りました。

Written by intervistatokyo

2013/04/29 at  

カテゴリー: 行ってみました

KITTEの庭園からみたTOKYO

2013-04-09 18.25.59

今週は、5月と6月のいくつかの仕事の準備で企画書作ったり、ガイド案作ったり、売り場見に行ったり。
そんな中、先日KITTEに行ってみました。
まず1階にあったISSEY MIYAKEのバオバオという新素材バッグを見てから上の階へ。
「北麓草水」という日本原生の野草を原料にした化粧品やスキンケアの化粧水が気になりました。
”かんぞう”を使っているという化粧水、香りがまさに草の香りで、自然をとじこめた感じ。青山にもお店あるみたいですね。

同じ階に旧東京中央郵便局長室があって、中を開放していた。
局長さん、こんなに眺めのいい部屋にいたんだ~と思いつつ、6階の庭園にあがってみた。
ちょうど夕暮れで眺めがとてもきれいだったので、iPhoneのパノラマ機能をつかって新東京駅舎を右にぐるっと撮りました。

Written by intervistatokyo

2013/04/19 at  

カテゴリー: 行ってみました

熊川哲也 Kバレエカンパニーの第九

2013-04-14 15.27.05

一度はその華麗なるジャンプを観てみたいな~とかねてから思っていた熊川哲也氏の公演・Kバレエカンパニーの「ベートーヴェン第九」に行ってきました。友人と待ち合わせ、いざBunkamuraオーチャードホールへ。

第四楽章で熊川氏が登場するのを今か今かと観客みなが待っていたことが、彼が出てきたときに、やっぱりそうだったんだとわかる感じ。会場の熱気とテンションがいっきに上がって、みんな身を乗り出していた。

想像したよりも彼の踊る時間は少し短かったけれど(さすがにKバレエカンパニーの代表者としてのマネジメントもして、なおかつ振り付け、演出、そしてかつ自分もプレイヤーとして踊るのは大変だろうから、、と私なりに納得もしたけどもっともっと観たかったのでちょっと残念)、それでも十分魅せました、ジャンプもピルエットもすごかった。
すべて終わった時には会場はスタンディング・オベーションで拍手の嵐。
全体的な衣装も振り付けも斬新で良かったし、生のオーケストラの音楽で第九を聴きつつバレエを観ると言う体験ってそうないので新鮮で、高揚感味わえました。

Written by intervistatokyo

2013/04/14 at  

カテゴリー: 行ってみました

データ・サイエンティスト

ビック・データという言葉が話題になっていると同時に、データ・サイエンティストという職種も注目されています。

http://www.ted.com/talks/deb_roy_the_birth_of_a_word.html
友人が先日教えてくれたTEDのプレゼンテーションでMIT研究所員のDeb Royという人のプレゼンテーションが面白いです。
家庭で撮影した3年分の映像と音声を分析し、子供の言葉の習得過程を明らかにする、またその習得プロセスと家族との交流や家の中での滞在場所との関連性を分析する。
また社会への応用研究としてマスメディアとSNSでの話題がどう関連しているかの構造を出したり、、。
今いろんな研究が進んでいるのだとわかります。

ここでプレゼンされる分析結果の3次元映像がすごい!
マーケティング分野でもエスノグラフィー調査で行動現場の録画をしたりしますが、今後(個人情報の問題はあるかもしれませんが)店頭での行動観察データなど(それも膨大な量の)でこういった解析ツールを使って分析することは可能になりそうです。
どの売り場でどんな会話がなされているのか、それがどう購買と繋がっているのか、売り場ゾーンをどう廻っていて購買にどうつながるのか、、、など。
そんなことを色々と想像させるプレゼンテーションでした。

Written by intervistatokyo

2013/04/07 at  

カテゴリー: 気になりました