マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

データ・サイエンティスト

ビック・データという言葉が話題になっていると同時に、データ・サイエンティストという職種も注目されています。

http://www.ted.com/talks/deb_roy_the_birth_of_a_word.html
友人が先日教えてくれたTEDのプレゼンテーションでMIT研究所員のDeb Royという人のプレゼンテーションが面白いです。
家庭で撮影した3年分の映像と音声を分析し、子供の言葉の習得過程を明らかにする、またその習得プロセスと家族との交流や家の中での滞在場所との関連性を分析する。
また社会への応用研究としてマスメディアとSNSでの話題がどう関連しているかの構造を出したり、、。
今いろんな研究が進んでいるのだとわかります。

ここでプレゼンされる分析結果の3次元映像がすごい!
マーケティング分野でもエスノグラフィー調査で行動現場の録画をしたりしますが、今後(個人情報の問題はあるかもしれませんが)店頭での行動観察データなど(それも膨大な量の)でこういった解析ツールを使って分析することは可能になりそうです。
どの売り場でどんな会話がなされているのか、それがどう購買と繋がっているのか、売り場ゾーンをどう廻っていて購買にどうつながるのか、、、など。
そんなことを色々と想像させるプレゼンテーションでした。

Written by intervistatokyo

2013/04/07 @  

カテゴリー: 気になりました