マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 5月 2013

2013年5月に読んだ本

2013-05-06 15.02.08

「予想通りに不合理」ダン・アリエリー著(早川書房):3月に読んだ本「ずる」と同じ著者の本です。
著者は、18歳の時、全身の7割に大やけどを負って入院し、その後3年間を病院で過ごすことになった経験があり、その時に人間の行動について深く考えるようになったといういきさつを「はじめに」で書いています。
入院していた時の「包帯はがし」の処置について患者である著者が感じる痛みと処置する看護師さんたちのやり方に対する思いのずれについての発見が、大変印象に残った。でもこういうことっていろんな局面でありそうです、実社会では。
5章の、「無料」にとりつかれてしまう消費者としての不合理な心理(これは私もよく無料の虜にとらわれて無駄なコストを払っていることが多いので大いに納得!)や、プラシーボ効果の実験なども不思議な気はするがありえるな~と思わせる。

先週は、定量のレポートづくりと定性のトップライン後の本レポート作成を進めつつ、1日はヒアリングもしていたので金曜日の夜はよれよれだった。
週末はさすがに無理して仕事せずリラックスするようにしたら少しすっきり。今週は、定量調査の報告会と定性のレポートの完成を目指してがんばります!

Written by intervistatokyo

2013/05/27 at  

カテゴリー: Books

定性データからのインサイトをまとめる時には

2013-05-18 10.01.51

今週2日間でおこなった6人のデプス・インタビューのトップラインレポート(速報)をやっと提出。
トップラインの難しいのは、直後の印象にどの程度肉付けしていくのか。ついつい、発言録を深く読みこんでしまいあまりに語られたことだけに振り回されてもいわゆるインサイト(発見や気づき)につながりにくくなってしまうこともあり、6人の結果だけで完結するわけではないので6人の語ったことが意味する背景や語られなかったけど多分こういうこと?という自分が感じたことも含めてわかりやすく文字にすることが必要なので、そこが悩ましいところです(あまりに抽象的で何を言っているかわからないかもしれませんが、、、、)。

いずれにしても今回は、定量調査で確認する前の定性調査なのでどっちの好みの人が多いのかや、どちらの感覚の人が多いのかなどの結論を出すのではなく仮説を出すことが主眼。
質問や選択肢のヒントとなるようなことを洗い出します。

明日は、別案件で看護師さんへのヒアリングをしにクリニックへ。できるだけ、真っさらになって聞いてこようと思います、いったん仮説はすてて。ポストイットやカラーペン、そしてお茶菓子の手土産も忘れずに購入。
なごんでいただきながら話してもらおうという魂胆(!)です。

写真は、毎朝つぎつぎと開花したベランダのアマリリスの花です。

Written by intervistatokyo

2013/05/16 at  

カテゴリー: インタビュー

「ワールド・カフェ」のセミナー第2回に参加

ポジティブイット風景 (15)

3月の第1回セミナーから2ヶ月たって再びの研修。宿題も持ち寄って参加した。
昨日は終日出張で出ていたこともあり、また、来週早々のデプスインタビューの準備や別件の報告書準備などでバタバタしていて行けるかどうか直前まで心配だったがなんとか参加出来ました。

第1回目に学んだことをもとに福祉や医療分野の人、コンサルティングの人がこの2ヶ月の間に「ワールド・カフェ」を実際に実践してみて、そこから学んだこと、気づいたことを共有してもらえたのがとても参考になった。
実践前に準備で工夫したことや、実践後の参加者の変化に感動したこと、主催者としても満足したことや反省したことなどみなさん率直に話してくれた。

もちろん実践はまだこれからという人も多く、私自身は、今後実践予定があるのでそのための準備として考えていることを発表した。写真は自分の発表後、参加者の書いてくれた感想のポストイットを体全体に貼ってもらったところ。

SNSでのコミュニケーションが増え、テレビ会議が増えている今、一堂に集まり顔を見ながら自由に対話することの価値をあらためて感じたセミナーでした。主催社(ヒューマン・バリュー)の方々の、ホスピタリティ・マインドそれ自体、とても勉強になりました。

Written by intervistatokyo

2013/05/10 at  

カテゴリー: 研修

谷根千散策

2013-05-03 12.53.432013-05-03 13.46.292013-05-03 13.25.172013-05-03 13.51.37

午前中、カラヤン広場の手作り市に友達がベネチアンガラスのアクセサリーの1日ショップを出していたので見に行ってきました。
彼女の息子さん、お母さんもいらして会えてよかった!彼女の作品(ピアス、チョーカーなど)は色がきれいでセンスが良くて、気に入っています。http://www.glass-sorella.com/

午後からは、根津・谷中・千駄ヶ谷方面へ。以前地元の友人に連れていってもらった「釜竹」でうどんを食べようと思ったらすごい行列だったので、あきらめてすぐそばのBIKA(美華)というところに入りました。名物のニラそばが美味しかった!
根津を日暮里方面に歩いてお寺のつつじを見たり、お店に立ち寄ったりしながら、そぞろ歩いて谷中銀座へ。
坂の上から見た谷中銀座の通りも、写真のようにすご~い混みよう。
通りを歩くのは断念して日暮里方面にむかって歩きました。今日は、散策するのに最高のお天気です。

Written by intervistatokyo

2013/05/03 at  

カテゴリー: 行ってみました