マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

定性データからのインサイトをまとめる時には

2013-05-18 10.01.51

今週2日間でおこなった6人のデプス・インタビューのトップラインレポート(速報)をやっと提出。
トップラインの難しいのは、直後の印象にどの程度肉付けしていくのか。ついつい、発言録を深く読みこんでしまいあまりに語られたことだけに振り回されてもいわゆるインサイト(発見や気づき)につながりにくくなってしまうこともあり、6人の結果だけで完結するわけではないので6人の語ったことが意味する背景や語られなかったけど多分こういうこと?という自分が感じたことも含めてわかりやすく文字にすることが必要なので、そこが悩ましいところです(あまりに抽象的で何を言っているかわからないかもしれませんが、、、、)。

いずれにしても今回は、定量調査で確認する前の定性調査なのでどっちの好みの人が多いのかや、どちらの感覚の人が多いのかなどの結論を出すのではなく仮説を出すことが主眼。
質問や選択肢のヒントとなるようなことを洗い出します。

明日は、別案件で看護師さんへのヒアリングをしにクリニックへ。できるだけ、真っさらになって聞いてこようと思います、いったん仮説はすてて。ポストイットやカラーペン、そしてお茶菓子の手土産も忘れずに購入。
なごんでいただきながら話してもらおうという魂胆(!)です。

写真は、毎朝つぎつぎと開花したベランダのアマリリスの花です。

Written by intervistatokyo

2013/05/16 @  

カテゴリー: インタビュー