マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

2013年8月に読んだ本

2013-08-18 15.01.522013-08-18 13.13.29

「想像ラジオ」いとうせいこう著(河出書房新社):いとうせいこうの「ボタニカルライフ」や「見仏記」を一緒に読んでいた友達が貸してくれた本。お盆に読みだしたら止まらなくなり、また涙もとまりませんでした。
肉親の死をどう受けとめたらいいのか、まだまだ戸惑う今の私が心から必要としていた本でした。
なんでわかったの?貸してくれた友達に感謝!

この小説は、震災をテーマにしたものですが、身近な人の死を受け止められず、亡くなった人のことを思い出すことがこのところ多くなった、そのことに戸惑っているという人なら誰でも、この小説を読むと気持が救われます。
思い出し、悲しむのではなく、耳を澄まそう、そして聴こう。語りかけられているのだから、”想像ラジオ”のように・・・・と思えます。

読み終わって異常に暑い外を歩いていたら、白い花をたたえた”さるすべり”の樹のてっぺんが目に入ってきました。

Written by intervistatokyo

2013/08/18 @  

カテゴリー: Books