マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 10月 2013

2013年10月に読んだ本

2013-11-03 10.20.15

「科学者が人間であること」中村桂子著(岩波新書):生命誌という新しい学問を提唱している科学者として、科学者がミクロな世界に埋没して生活者としての視点を決して忘れることはあってはならないし、日常と併存する科学を求めるべきであって、自然をコントロールできると思ってもいけないということを丁寧に説いています。内容が濃く、さすが岩波新書。物理学から哲学に専門をかえた大森荘蔵の著書にある、大森氏のすすめる「重ね描き」の重要性や、和辻哲郎の「風土」についての考察などから「人間はいきものであり、自然の一部である」ということを再認識させられます。科学って何だろう、人間にとってどういうものであるべきなのだろうということをあらためて考えました。

「ペンギンが空を飛んだ日」椎橋章夫著(交通新聞社新書):日ごろ何気なく使っているICカードのスイカですが、Suicaって無線でつながったネットワークだったとは思いませんでした。改札を単なるスタンドアローンとせず改札をネットワーク化してサーバーにID番号とともにいろんな情報を送るようにしたこのシステムは、最初はたった二人のプロジェクトチームからはじまったそうです。JR社内で全く新しいビジネスモデルを展開し説得することの困難、確実に人を通すためのトライアンドエラーの実験。
最初は、かざすだけで通れることにこだわっていたけれども、あえて触って通る「Touch & GO」にしたことで確実に読みとることが出来たこと、改札機械の読みとり面の角度を13度にしたことで歩く人のスピードも抑えられることがわかったことなど細かい技術の積み重ねなんですね。SUICAだけではなく沢山の電子マネーが出てきていますが、今後どうなっていくのでしょうか、それも楽しみなような怖いような・・。waon、nanaco、Tポイント、EdyにSuicaなど私自身色々持っていますが、財布が大きくなる一方でそれはそれで困っています。

Written by intervistatokyo

2013/10/30 at  

カテゴリー: Books

台風の様子を伺いつつ

今週は台風にひやひや、いろんなパターンを想像しながら連絡を取り合い、行動した一週間でした。
今年はほんと秋の台風多いです。
今週前半は訪問調査の中間報告会(東京)にモデレータとして参加。
クライアント、モデレーター、広告代理店三者でリサーチ結果の中間報告を聞いたうえでそれをベースにアイデアブレスト。
訪問調査は暮らしぶりが目で見てわかるので、消費行動の背景にある心理みたいなものを引き出す情報がたくさん得られる。
それをもとにブレストするのは、なかなか刺激的でした。
週後半には別件で大阪出張。台風の動きでどうなるかと思ったけれど、行けて良かった~。
研修前のワークショップだったのですが、企画者としてうまくいくかドキドキでした。ギリギリ新幹線の中でも打ち合わせ。
グループワークで聞きだしたことを元に来週、研修予定。今週のグループワーク結果をしっかり盛り込んだ研修内容に致します!

夜は、一緒に同行してくれた若手女子リサーチャーと一緒に食事。心斎橋のお店で雲丹やアワビなど色々食べれて美味しかった!彼女はお酒強いので、私もついつい飲みました~。長年仕事一緒にしているけれど、なかなかゆっくり話せなかったのでとてもいい時間でした。

2013-10-24 18.44.53
金曜日に東京に戻り、土曜午前に予定されていた訪問調査の訪問先と連絡とりあい協力をえて、台風を避け午後からに変更。変更して正解。あたふたした一週間でしたが、台風に妨害されることもなく予定がすべて完了出来てほっとしました。

Written by intervistatokyo

2013/10/27 at  

カテゴリー: 研修

Home Visit用お助けツールと準備

昨日もホームヴィジットだったので、お休みの今日は雨ながらゴルフ打ちっぱなしへ。練習場で友達夫婦と偶然会ってちょっとおしゃべり。友達夫婦がスイングチェックのマシーンを練習場で使っていて、あれこれスイング談義(自分で自分のスイングこうやって動画で見るのが一番効果ありだよね~とか、教えてもらったことが全然できてないとわかるよね~、とか)。自分のスイングの課題は頭ではわかっているんだけど、体が実行出来ないんだよねっていうところで深く共感。小一時間練習してその後スーパーで買い物してから帰宅。

明日もまたホームヴィジット&ショップアロング調査。すでにデジカメ、ICレコーダーの電池チェック、ビデオの充電も済ませ、グーグルマップで訪問先のエリアもチェック。ヤフー乗り換え案内で乗る電車も決め、事前確認で対象者とも連絡済み。
駅につけばiPhoneにインストールしたMacFan+という地図アプリを使えば、自分のいる現在位置をちゃんと出してくれるので住宅地であろうが迷うことはない。本当に便利なITツールが色々登場したものだなあ~。

あとは、寝坊せずに鳥の鳴き声のアラームでちゃんと起きて、仮に椅子ではなく畳に座っても楽な服装にして、すぐにはけて歩きやすい靴にして、駅でトイレに行ってから訪問。飲み物も小さい水筒(250ccを最近購入)に入れて持っていく。メモを取りやすいペン、付箋紙、個票の白紙メモ、インタビューガイド、こういう風に荷物を抱えて行くのでバッグも当然軽いのにする。
降りたことのない駅で下車して、そこに今住んでいる人の立場でいろんな話を聞くと調査課題に関することはもちろんですが、それ以外の点でも参考になります。人と接することの大切さ、例え3時間の出会いではあってもいろんなことを教えてもらえます。

Written by intervistatokyo

2013/10/20 at  

カテゴリー: インタビュー

ルンバが突然夜中に・・

2013-02-27 08.43.36

この3連休は半分休んで半分仕事。
友達のタップダンス教室の発表会を見に行ったり、新しいゴルフのドライバーを買いに行ったりして、あとは訪問調査の個票作成やその他の仕事をした。訪問調査の個票は記憶があらたかなうちにICレコーダーと自分のメモで作成する。
複数のインタビュアーで実施している都合上、後で分析する人が見てもわかるように、冗長すぎず、かといってまとめすぎず、バランスよく再現するのが難しい。今週も訪問調査続行。

そんな中、ルンバが日曜の夜中0:00ジャストに「ぱぱぱ、ぱ~ん♪」といういつものスタートの音とともに突然動きだし、何ごと~?と飛び起きた。そう言えば先日帰宅したらルンバ君が玄関で力尽きて(段差で倒れて?)こけていたこともあった(笑)。
これはルンバ君、何かがおかしい、もしかして、私が曜日設定して自動で動くスケジュール機能をオンにしてしまったのかも?と思い、マニュアルでチェックしすべてのスケジュールを消去してみた。でも、ちゃんと消去できたか確信が持てない。
なので、マニュアルにあった問い合わせ番号にさっそく電話してみた(電話対応があって良かった!)。
電話の先のお姉さんは丁寧に、消去の仕方を教えてくれた(どうやら私のような人も多い感じ)。
私がルンバがかき集めたごみを捨てる時に何かの拍子にルンバのタッチパネルを触り、曜日スケジュール機能を入れてしまったとのこと。なので、ごみを捨てる時にはタッチパネルをあやまってさわらないようまずはスタートボタンを押して電源を切るようアドバイスをもらう。
そして、充電器のホームに無線ではなく直接ルンバと有線でつなぐと(くさりでつながれた感じになるので)、ルンバはホームをはずれて動きだすことはありませんとのこと。これで旅行などで家を空けるときの対策もわかって安心した。
ルンバ君ハタラキ者なので、ついつい動きたくなるのでしょうね~(私があやまって触っちゃったんですけど・・・)。
いやはや、ちょっとビックリでしたが、一件落着。

Written by intervistatokyo

2013/10/14 at  

カテゴリー: その他

何度も登場する言葉

2013-09-30 09.09.242013-09-30 10.30.10

グループインタビューでは自然発生的に異なる参加者から何度も出てくる言葉に出会うことがときたまあって、その言葉がどうにも聞き流せないということがある。
先日のグルインでもテーマに関連するそういう表現が出てきて、その解釈をデブリーフィングで皆で討議した。
きっとこういう意味で言っているのではないか・・・ということはコンセプトはこう変えなくてはならないのではないか・・・ということは製品設計はこうでなくてはならないのではないか・・とその言葉を起点にして商品開発のための討議がより具体化した。

当初想像していなかった言葉をひろえること、それは定性調査ならではの価値だと思う。
デブリーフィングではまずはインタビュー参加者の話から、そのうち誰が実際にはターゲットになりそうかをバックルームできいていたメンバーで選びだし(対象者が買いますと言ってもそれがあやしい場合はそこで脱落)、その後、その人たちをターゲットとして頭に思い浮かべながら、討議していった。と同時に絶対にターゲットとなってくれなさそうな人もそこで確認し共有した。

昨日出がけにちょっとバタバタしたら、グルイン会場に行く途中の駅の改札でバッグに軽く乗せて歩いていたカーディガンをおとしてしまい、今日落し物拾得物所に取りに行くという失態をしてしまった。「赤いカーディガンを落としのですが」と電話で告げたら「赤のはありませんが、ピンクのならあります」とのこと。確かにピンクに近い赤ではある。
色の表現一つとっても合意に至るのは、難しい。やれやれと思いつつ身分証明書を提示し住所や名前を書いて返却してもらった。何はともあれ届けてくれた人がいてホント助かった。

カーディガンを取りに行った帰り道。立ち寄った近所のスーパーのレジ横の棚に誰かが購入後袋に入れ忘れたと思われる蜂蜜が置いてあった。すぐにレジの人に届け出る。世の中こうして、何かをしてもらったらそのお返しとして何かお役目が廻ってくるのだなあ~と妙に納得した。

写真は先日行った高原の秋晴れの空。雲が秋らしくて刻々と変化していくのを見るのが楽しかった。

Written by intervistatokyo

2013/10/06 at  

カテゴリー: インタビュー