マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

JPタワー学術文化総合ミュージアム

写真

夕方、友達のおススメでKITTEの2階と3階にあるJPタワー学術文化総合ミュージアムへ。
こんなところにこんなミュージアムがあったなんて、知らなかった。

東京大学が収集してきた数々の学術標本!
順路指示が一切なくて、大きな理科室のような、博覧強記の標本収集家のお屋敷に行ったような不思議な空間。
数々の標本がおさめられている棚も時代の風合いが感じられるもの。
順路も解説もないので、そこで自分が何を感じるのかを大切に、自由に観て下さいということなのかな。
最初のいろんな動物の骨の標本からは、我々人類の脊椎もこの進化があってなんだなあと実感したり、すんごい数の鳥の標本を観ていると若冲の絵を思い出したり。カモノハシの標本まであるのに驚いたり。最初はカモノハシは架空の動物だと思われていた(そこは解説があった)とか、オオフウチョウという白い飾り羽根で求愛する鳥を知ったり・・・あれやこれやいろんなことを友達と話しながら観て廻った。これだけあって無料。

KITTEで待ち合わせなんていう時にふらっと観るのにおススメ。
(写真は前にもアップしたけれど、KITTEの6階屋上庭園から見た東京駅前の景色をパノラマ写真で撮影したもの)

Written by intervistatokyo

2013/11/15 @  

カテゴリー: 行ってみました