マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「俺のイタリアン、俺のフレンチ」読了

2014-02-08 14.58.03

最近よく見かける面白い名前で話題の店、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」を作った著者、坂本孝氏は、ブックオフの創業者だと知りませんでした。最近になってそれを知り、どんな経緯で店を作ることにしたのか興味を持ってkindle版で読みました。

「俺のイタリアン俺のフレンチ」方式のビジネスモデルを思いつくヒントとなったのは、

「立ち飲み居酒屋」が繁盛している
「ミシュラン星付きレストラン」も人気
一流シェフ達に裁量権を与え彼らのやりがいを高めたい⇒回転率をあげれば原価率が高くても美味しいものを安く提供できる
(そのためには3~4回転する店にすればいい)
ということにどうやって至ったのかが面白く読めます。

ベンチマークした店や、どのようにシェフ達に来てもらったか、試算した原価率の損益分岐点チャートなども出ていてとても具体的です。私は並ぶのがとても苦手ですが、一度は行ってみて厨房の様子、テーブルの大きさ、立って食べるのはどうか(特に私のような年代には?)、店内の様子、顧客がどんな人達か、メニュー、働いている人たちなどを観察し、もちろん味やサービスについても体験してみたいと思っています。
今は「俺の割烹」まであるんですね・・・知らなかった。

Written by intervistatokyo

2014/02/07 @  

カテゴリー: Books