マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「聞く力」読みました

2014-02-20 09.52.07

2012年に発売の「聞く力」阿川佐和子著(文春新書)を書店でみるたびに、あっ、読まなくちゃ・・と思いつつ、ついつい手にとるのが遅くなってしまいました。
先週、研修テキストを考えていて煮詰まってしまった時書店をぶらぶら、やっぱり読もうと思いました(遅いなあ~)。
つまりマーケティング・インタビューと取材のインタビューの何が違うのかが知りたかったから。
結果共通点は思っていたよりもずっと多かった。マーケティング・インタビューには課題があるので、それをクリアにしなくてはならない。取材対談も文章にした時に読者が楽しめるものを引き出さなくてはならない、その意味ではともに雑談ではないのです。
だから相手にのってもらって、どんどん語ってもらうための技術については同じといってもいいかもしれません。
この本、まず阿川さんの語り口が面白く、楽しく読めました。
また、相手の呼吸を見ながら話を戻す術やなぐさめの言葉の返し方など発見がありました。
次に何聞こうか、と質問で頭がいっぱいなると目の前の大事な言葉を逃してしまうので、質問は3つぐらいに絞るそうです。
とにかく目の前にいる相手の話に集中すること。わかっていてもなかなか出来ないことかもしれません。
我々もクライアントからの課題に応えるべく、事前に準備したあまりに細かい質問に心を奪われているとせっかくぽろっとつぶやかれた大事な発見を聴き逃しちゃったりしますので、そこは要注意。
やはり目の前の相手の話に集中すること、次の質問はその中から見つけられるようになることが重要ですね。

Written by intervistatokyo

2014/02/23 @  

カテゴリー: Books