マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「さとり世代」を読みました

2014-03-19 21.45.19「さとり世代」 原田曜平著(角川ONEテーマ21新書)

先週終えたインタビュー結果の報告書作成に今週は集中して取り組んでおります。少しずつ前進してますが、まだ先は長い!
そこで重い本は読めないので、対談形式で軽~く読めたものを。
この本は、博報堂で若者研究をしておられる原田曜平氏の著書で、この本を読んだ後同じ著者の「ヤンキー経済」を読む予定で
既に購入済み。読んでみて、今までなんとな~く感じていたことが、やっぱりそうだったか!と思った個所が多々あり。

さとり世代は、1990年以降生まれのゆとり教育を受けて育った世代だそうです。
「面倒臭い」が最上位概念とか、コスパが何より大切とか、「ちょこちょこ消費」とか。
この世代にグルインをしていてもあれあれ?って思うことがありましたが、な~るほどと納得。

経済の景気・不景気による影響ももちろんですが、SNSも彼らの行動パターンに相当影響を与えているということもよくわかりました。この本の最後の方でバブル世代とさとり世代が対談しているあたりは、バブル世代の私は苦笑するしかなかった。

Written by intervistatokyo

2014/03/19 @  

カテゴリー: Books