マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「観察とインタビュー」についての研修

2014-06-08 13.40.54

「観察とインタビュー」についてある企業の方に向けて半日研修しました。
4月から考えてきたテキスト内容でしたが、内容をシンプルにするのに苦労しました。
盛り込みすぎず(ついついそうなる)、わかりやすくシンプルにしていく作業は難しいもの。まだまだ整理しなくてはいけません。

観察はエスノグラフィー(民族誌)とも言われる調査手法ですが、もともとは文化人類学のように異文化の行動様式の背景にある価値観をその異文化の中にもぐりこんで「言葉だけではなく文脈ごと」観る方法です。
だからこそ観察されている人当人も意識していないようなことが現場(例えば家)にあらわれていたり、無意識にしている動作や行動などを通して価値観が透けてみえてくるというものです。

何も特別な調査案件でなくても、普段カフェでお茶している間に隣の席の二人組の会話を耳ダンボになって聴いたりしています。
電車の中での同年代ぐらいの娘とその母親の会話。女子高校生同士の話し方。そうやって聞いていると面白いです。
ある程度意識的に聞こうと思って聞かないと会話も耳に入りません。そして当然興味ももって聞かないと心にひっかからないものです。やはり人間に対する興味がマーケティングするうえでも大事だと思います。

Written by intervistatokyo

2014/06/21 @  

カテゴリー: 研修