マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

熊川哲也Kバレエカンパニーの「カルメン」を観てきました

2014-10-09 19.55.36

来週は研修、グループ・インタビューと立て続けなので、今のうちに、、というわけではないですが、熊川さんがドン・ホセ役で出演する日を狙って初日に行ってきました。
カルメンと言えばオペラですが、熊川さん振り付け&演出のバレエのカルメン、楽しんできました。
クラシックバレエの演目ですと私はグラン・パ・ド・ドゥの男女の踊りの技の見せ場が好きなのですが、今日のカルメンは群舞も多くどちらかというと演技がとても重要な感じ。そこはさすが熊川さん、最後のシーンではその胸中が伝わってきました。
白石あゆ美さん演じるカルメンも妖艶で素晴らしかったです。今回5人のバレリーナの演じるカルメン、それぞれ個性がどう違うのでしょうか。気になります。
熊川さんの踊りのすごさはまったく変わらずで、これからもまだまだ踊っていただきたいです!
闘牛士エスカミーリョを演じる遅沢佑介さんも、やはり格好良かった。
舞台美術も曲線を活かしたモダンでありつつ土っぽい感じも伝わってくるようで、2幕4場の場と場の間にあっという間に舞台を替えてしまうので一体どういう仕掛けになっているのだろうと思わずにはいられませんでした。

Written by intervistatokyo

2014/10/09 @  

カテゴリー: バレエ, 行ってみました