マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 1月 2015

ホーム・ビジット調査やデプス・インタビューの対象を設定する時に

今週は、Hone Visit (家庭訪問)調査にインタビュアーとして海外からの得意先と同行しました。
今回の案件のことではなく、一般に定性調査のホーム・ビジットやデプスインタビュー調査企画の段階で、対象者の設定をする時どのような基準で選んだらいいのか、何人実施すればいいのかという質問をされることがあります。
デプスインタビュー調査(1対1)や訪問調査ではじっくりと相手の意識やニーズ、製品の選択理由や使用現場をみさせていただきます。ですので、必ずしも代表性のある人を統計的手続きを経て選ぶ必要はなく、むしろ調査課題からみて色んな発見が得られそうか、という観点で選んでいいと思います。いずれにしても仮説の検証は定量調査で行うのですから、訪問調査やデプスインタビューでは、仮説以前の視点、疑問や課題をもとにこの層に聞いてみたい、聞いておきたいという層を選びます。
ある製品のヘビーユーザーや大量ユーザーがどのような好みや必要性からそれを使っているのかということを明らかにしたい、あるいは、決して出現率は高くないけれど、強いこだわりのある人や今後の兆候をよむためにさきがけ的な意味合いで押さえておきたい人などExtreme Userを対象とすることもあります。
その意味で対象者を設定する段階で当該調査で何を知りたいのかということをメンバー間で十分討議することがとても重要だということです。そうでないと結局得られた知見が、ありものの2次データでも得られるレベルになってしまったり、浅いものになってしまっては勿体ないからです。実査の前に充分下調べをし、討議するということが大切ですね。

Written by intervistatokyo

2015/01/31 at  

カテゴリー: インタビュー, 研修

「弁護士ドットコム~困っている人を救う僕たちの挑戦」(日経BP社)読了

2015-01-25 15.54.51

著者の元榮太一郎氏は学生時代、交通事故にあったときに弁護士を探すのに苦労した。
そこでエリート弁護士の道を捨て、困っている人と弁護士をつなぐサービスを起業した。

確かにありそうでなかったサービスであり、今後求められるサービスですよね。
2005年に起業してから2014年東証マザーズに上場するまでのプロセスを具体的に教えてくれている本です。
ネットビジネスはどうやって収益をあげているのだろうと日頃から不思議に思っている私にとっては発見がたくさんありました。
収益モデルが出来上がるまでの8年間の赤字は、著者が独立してから弁護士として受けた仕事の売上で補っていたこと、その後弁護士による無料相談コンテンツをアップしたり、モバイル向けに月額継続課金サービスを始めたり、弁護士によるニュース解説をしたりと模索しながら少しずつ収益モデルを作りあげてきた、そのプロセスが最も読みごたえがありました。
そしてサイト構築にあたってITリテラシーの高い人とだけ話していたのではダメで、普通の人たちがアクセスしやすく普通の人にもわかりやすくするためにあえておしゃれなサイトではなくちょっと野暮ったいぐらいのサイトデザインにしたということも、なるほどと思いました。

Written by intervistatokyo

2015/01/25 at  

カテゴリー: Books

雪の札幌から戻れました

2015-01-17 13.43.24

札幌市内で2日間インタビューがあり、行ってきました。
雪の心配があったので、木曜日に前日入りし金曜日と土曜日にインタビューを終えたのですが、土曜日は朝からすごい吹雪。
飛行機が飛ぶかどうか、わからないまま夕方、新千歳空港へ。
案の定、予約していたフライトは「天候のため調整中」のメッセージがボードにありました。

19:30のフライトでしたが、荷物のチェックイン時に18:30の便に変えられないか聞いてみたところ、今なら変えられるが飛ぶ保障はありませんとのことで、迷いながらも急いで搭乗口に向かいました。
搭乗口では、「滑走路を除雪していますので今しばらくお待ちください」のアナウンスが何回も流れ、これは飛ばない可能性もあるし空港に泊ることになるかも・・と思い、念のために水や残っていた食べ物を買ったりして待機していました(食べ物優先で考えてしまう習性強し・・その時点ではまだ空港でお寿司食べたかったな~と未練がましく思っていました)。

その後30分ほどで「ただ今からご搭乗を開始します」というアナウンスがあり、ほっと胸をなでおろし搭乗しました。
ところがそれから一向に飛ぶ気配はなく、22:30に「やはり当機は雪のため飛べません」とのアナウンス。
あらら~と思い、その時点で東京にいる友達にホテルを予約してもらおうと探してもらったのですが新千歳空港内のホテルや近所のホテルはすべて埋まっていてダメ。それはそうですよね、みんな同じことを考えているわけで。飛行機の中ではみんながメールや電話で粛々と連絡をとっていましたから。
さてさて、どうしたものか~ここで下手に外に出て電車が止まり立ち往生になっても、、と考え悩んでいたら、また「もう一度滑走路の除雪を再開します」とのアナウンス。期待してそのまま待ちました。そして、ついに、「この飛行機は滑走路に向かい離陸します」と言われ離陸したのが21:45でした。
3時間、なんだかんだで待ったのですが、それでも羽田に23時に無事着陸した時にはほっとしました。
もともとの19:30の便は欠航でしたので、戻れたのは幸運でした。

帰宅後のニュースでは雪のために400人が足止めをくい、205便が欠航とのこと。
昨日乗れずに足どめとなった人が今日は無事帰れただろうかと、それが気になる1日でした。
飛行場で除雪をした人や飛行場勤務の人にとっては仕事であり冬にはよくあることなのかもしれませんが、そういう日にあたると気を使うし疲れるし、大変なことだと思いました。
また、旅の移動には、そもそも不測のことが起こりうるのだということも身にしみて感じました。

Written by intervistatokyo

2015/01/18 at  

カテゴリー: インタビュー

ありがたい三連休でした

先週は、新年会があったり、この三連休初日に友人宅に招いていただき数々の美味しい手料理を楽しくいただいたせいで
お正月太りは解消せぬまま、食欲のなすがままの日々でした(友人が最後に出してくれた土鍋で炊いた鯛飯がとっても美味しく、レシピを聞いたので私も土鍋で今度炊いてみようっと。また新年会でお土産にいただいた台湾の蓮の実のお菓子も初めて食べる食感と味で美味しくて・・・とまたまた食べ物の話に・・・)。
ですが、この連休二日目で夫が風邪でダウンしたため、後半二日はほぼ家から出ず、七草のおかゆ、にゅう麺など消化のいいものを食べゆっくり過ごしました~。やはり胃腸も休ませなくてはなりませぬ。
周りでも風邪をひいている人が多いようですので、気をつけなくては。
今週は札幌出張へ行って参ります。雪がひどくならないといいのですが、、。

Written by intervistatokyo

2015/01/12 at  

カテゴリー: その他

明けましておめでとうございます!

2014-01-02 15.47.52

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
少しでも次の世代の人たちにとって住みよい社会にするためのお手伝いができたらいいなと思います。
製品開発のリサーチ、研修講師、そして個人で出来る心ばかりのボランティアなど。
2015年はどんな年になるでしょうか、日々の暮らしも大切にしていきたいと思います。
写真は、虎屋の富士山をかたどった、おめでたい羊羹です。

Written by intervistatokyo

2015/01/03 at  

カテゴリー: その他