マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

熊川哲也とKバレエ展へ@松屋銀座

2015-02-28 15.36.35

松屋銀座にて、「熊川哲也とKバレエ展」を観てきました。

熊川さんが子供の時のバレエ初舞台の衣装がちっちゃくて可愛く、きれいに保存されていることにちょっと驚きました。
そして英国ロイヤルバレエ団時代の衣装の数々(これは英国ロイヤルバレエ団所蔵)、そしてKバレエの舞台美術試作段階のジオラマは上に小さなライトまでつけてあって照明があたるとどうみえるのかがわかるように作られおり、その細密さが見事です。
舞台美術も毎回凝っているけれど、こうしてアイデア詰めていくのですね。
私も観に行った、カルメンやラ・バヤデールの衣装もあって、男性衣装って袖も長いし、重そうでこれを着て踊るのはかなり暑そう。刺繍やスパンコールなどが職人さんの手作業で丁寧につけてあって、たくさんの人がバレエにかかわっているんですね。
あらためて知ったのは、熊川哲也さんは若干26歳でおしげもなく英国ロイヤルバレエ団を退団して日本に戻り、バレエ文化を浸透させるため、次世代育成のためにも自分のバレエ団(Kバレエ・カンパニー)を作ったということ、26歳でそういう決断ってなかなか出来ないのではないでしょうか。
そして、もう創立15周年になるんですね。ロイヤルバレエ団で踊っておられた頃そして設立当初の頃は、私はバレエ観劇とは縁がなく全然観ていなかったのですが、遅ればせながらこの数年で舞台で踊る熊川さんも幸い何度か観ることが出来てほんとに良かったと思います。
バレエは総合芸術との信念を具現化する、熊川さん演出・監督のバレエ芸術が今後も楽しみです。

Written by intervistatokyo

2015/02/28 @  

カテゴリー: バレエ, 行ってみました