マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 3月 2015

新宿御苑の桜も満開でした

2015-03-31 15.41.352015-03-31 15.31.212015-03-31 15.32.53

新宿御苑は混んでいないか不安でしたが、入ってしまえばさほどでもなく、ゆっくりみれました。
こんなに桜があるんですね。
芝生が多く芝生に座ってお弁当をひらいたりしている人たちも多くて、春のぽかぽかを楽しんでいます。
千鳥ヶ淵は遠景の桜を一堂に楽しめますが、ここ新宿御苑の桜はすぐ目の前で観れる近景の桜!
木によっては床をはうように枝を伸ばして咲きほこっているものがあって、それが見事でした!
本当は今週からグループ・インタビューの嵐でしたが、来週に延期となったので幸運にもこうして桜が見られました。

Written by intervistatokyo

2015/03/31 at  

カテゴリー: 行ってみました,

桜・すでに満開に近いです

2015-03-30 16.01.342015-03-30 15.56.13

夕方、得意先での打ち合わせの後に千鳥ヶ淵に立ち寄ってみたところすでに満開に近く9割以上咲いていました。
来週からインタビューで立て込むので、良かった~今のうちに見られて~と感激。
こんなにたくさんの桜がいっせいに咲き誇る開花って本当に不思議です、自然の力が満ち溢れている~。
ここ千鳥ヶ淵でも昨年よりも海外からの旅行客が格段に増えている気がします。

Written by intervistatokyo

2015/03/30 at  

カテゴリー: 行ってみました,

桜・咲き始めています

2015-03-27 20.31.33

昨夜は、六本木の近くで会食でしたので、帰りにミッドタウン裏の公園のライトアップした桜を観てきました。
芝生に直接置かれた椅子とテーブルでちょっとしたお酒を飲めるお店があって、大人はお酒を飲み子供たちは芝生を走り回ったり、それぞれのスタイルでお花見していました。

2015-03-28 13.25.542015-03-28 13.33.21

今日は千鳥ヶ淵の桜をチェックして(まだ2割ぐらいの開花)、その後靖国通りの桜をチェック。こちらは例年通り早くてもう8割がた咲いています。でも靖国通りの反対側の桜はまだ。ちょっとした日当たりの具合でも咲き具合が違います。

お天気もいいので、たくさんの人が出かけてきています。千鳥ヶ淵のお濠沿いの満開の桜、来週前半でしょうか。楽しみです!

Written by intervistatokyo

2015/03/28 at  

カテゴリー: 行ってみました,

恐るべし。プリクラ!

横浜で和太鼓集団「鼓童」の公演を姪と観てから、中華街で飲茶し、その後みなとみらいに寄ってみました。

思い出にとカップルばかりの観覧車にも久しぶりに乗って、その後私の希望でプリクラを。
きれいに撮れるプリクラに興味しんしん!だったのですけれど、驚きました。
機械のおかげで目はパッチリ(気持ち悪いぐらいの大目)になって、髪も肌もつやっつや。全身ポーズまで撮れるんですね~。全身写真の足は補正されて、細くそして長くもなってる?もうほとんどこれはうそっぱち、合成加工の賜物なんですけれど、思わず二人でテンションあがって撮影しました。
ペンでイラスト入れるところでは、私完全に固まりました。何かいていいのか、全く知見なし!
そこは姪にお任せして私はハートとか入れるだけ。
最後に紙に印刷されて出てきます。さらにはデータで転送されるはずなのに、時間が短くて焦ってメールアドレス入力ミスしてしまいました。サクサクやらないと時間切れになっちゃうので、ついつい次こそいいポーズとか次こそ面白くとか何回も試したくなる気持ち、くすぐられます。
アウトプットは、紙なしでむしろデータだけでもいいんじゃない?とか思いながら、それでも400円で何カットも撮れて顔だけも全身も撮れて、これだけ楽しめるって、すごいもんだと思いました。

Written by intervistatokyo

2015/03/21 at  

映画「博士と彼女のセオリー」を観ました

日比谷で姪の観たかった「博士と彼女のセオリー」を一緒に観てきました。私はホーキング博士に対する興味から、姪はレ・ミゼラブルに出ていたエディ・レッドメインへの興味で観たかった様子。
アカデミー主演男優賞をとったこともあって、観に行こうとなりました。

予想以上にとってもいい映画でした。
アカデミー主演男優賞を受賞しただけあり、エディ・レッドメイン(なかなか覚えられない名前!)の表情、身体の動き、そして目の演技。それはそれは自然で、演技しているということを全く感じさせません。そして奥さんジェーン役のフェリシティ・ジョーンズがこれまた可愛い!結婚し子育てとホーキング博士の看病とで苦悩し憔悴していくところもごくごく自然に感じられました。
そして、後半、思わぬ方向に展開します。二人とも精いっぱいその時その時で出来ることをし、また相談した上での決断。それでも苦しみ、葛藤がみちみちていました。しかし映画では二人ともまっすぐでともに相手を思い尊重しあっているところが素晴らしい。
周りの友達の支えもよかったし、何より現実のホーキング博士の病気になってからの変わらぬ前向きさに心打たれます。

映画の後、買い物をし食事をして「映画、良かったね~」とあれこれ話しながら、姪がもうこんな風に映画を観れるようになったんだ、すごいな~と別の意味でも感動した一日でした。姪は映画鑑賞後、声を失った後のホーキング博士の機械の声は、実は最初は別の声だったのにホーキング博士が機械を貸し出してくれ本当の声色になったという情報もツイッターで得ていました。観てからまたSNSであれこれ調べて、2倍楽しむんですね~。

Written by intervistatokyo

2015/03/15 at  

カテゴリー: その他, 行ってみました

「小さな幸せ46こ」よしもとばなな著(中央公論新社)を読んで

2015-03-15 21.13.59

よしもとばななさんのご両親が亡くなられた年と父が亡くなった年がたまたま同じだったことから、勝手に親近感を感じてきっと元気をもらえそうと思って読みました。
今週は姪や甥の卒業式だったからか、母の命日もあったし、東北の震災から4年ってこともあっていろいろ振り返ることも多く、あとから考えると「ああ~あの時がほんとうにかけがえないひとときだったんだ」と思い出され、そういうかけがえのないひとときは大げさな日にではなく、ちっちゃな日常にあったのだよねと思うのでした。
小さな幸せの中の「うたたね」では私の母もうたたねしているとすぐに何か毛布やかけものをかけに来るのが常だったので思わず涙。ばななさんのお母さんへの思いは、お母さんと一緒に行ったお寿司やさんの話にも出ていました。

「お買い物かご」では、ばななさんが親になってわかった、しかも同じ職業だからこそさらにわかる父の気持ちにぐっときます。
「だし」でもお父さんの最後の日々に向き合うばななさんと、そこで知る汁ものの力(まさに辰巳芳子さんのスープのような)の話はみにつまされました。親の弱っていく姿をみていても、なすすべがなく、祈るしかなく、そういう辛い気持や日々が手にとるようにわかってなぐさめられたような感じ。
「元に戻る」ではお姉さんに対する優しい気持ち、両親のいない実家の変貌もそんな風にとらえられるばななさんの懐の深さが素晴らしいと思いました。帯に「どこからでも好きなところを好きな時に読んで和んでほしい本です」と書かれていますが、またちょっとしたときに読みに戻ってきたいです。

Written by intervistatokyo

2015/03/14 at  

カテゴリー: Books