マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「ポッキーはなぜフランス人に愛されるのか?」(日本実業出版社)を読みました

2015-04-19 10.36.08

著者の三田村蕗子さんは、流通業を中心に取材するジャーナリストで、現在バンコクに拠点を置き東南アジアに進出する日系企業の取材にも力を入れている人だそうです。
タイトルはポッキーですが、本書ではポッキー以外のたくさんの日本の菓子が海外での販売状況について紹介されています。
ポッキーがフランスではMICADOという名前で大人っぽいイメージで販売されていること、ハイチュウはアメリカのメジャーリーグで日本人選手が食べていたことからアメリカで人気商品となったこと、柿の種は、アメリカでグルテンフリー(小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質を含まない)を訴求したわさび味の濃い商品にローカライズして販売されていること、一方トルコでは柿の種はそのまま受け入れられ大変人気があること。他にはどら焼き、不二家のポップキャンディー、ヨックモックのシガールもすでに海外で販売されて人気商品となっているそうです。
ある菓子は大きく姿を変え、ある製品はそのまま受容されているその背景にはそれぞれの国の味覚嗜好や食文化があり、既存の菓子市場があって、それを踏まえた上でのマーケティング戦略が展開されているんですね。
アメリカではグルテンフリーダイエットなるものも流行中とのことで、そういえば先日新聞でも取り上げられていたことを思い出した。亀田製菓は、米素材をグルテンフリーという価値で米のクッキーやクラッカーに変え、売りだす戦略のようだ。あられやせんべいというカテゴリーのない市場に新カテゴリーを作りだすよりも、その方がハードルが低いという判断なのだろう。
お米が主食のタイでも、米菓が受け入れられるわけではなく、タイでは味がうすくせんべいのような硬いものは好まれない、だから薄くて軽い食感で味のはっきりとした濃い味のスナック菓子をメインに販売するらしい。
日本のお菓子(素材)がこれからも海外に進出し、ローカライズされつつ受け入れられていくといいなあ~と思いました。

Written by intervistatokyo

2015/04/23 @  

カテゴリー: Books