マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

すてられる土

大阪での研修は、デプス・インタビューが初めての人も何回かやったことがある人もそれぞれ一生懸命やって下さり無事予定数を終えました。これからチームでの分析が始まります。まずは個票作成からスタート。
私自身、今回の研修で気づいたことがたくさんあり、今後に生かしたいと思います。

さて、この週末は、ホームセンターでベランダで育てるためのトマトやみょうが、枝豆などの苗(よくばりすぎたかも・・)を買ってきました。いつもは、土は重いのでネットで頼みますが久しぶりにホームセンターに行くと、「捨てられる土」があり、捨てられるってどういうこと?と興味を持ちました。
確かに使い終わったよれよれの土は捨てたいけれど捨てられず困っていました。再生させるためにまた腐葉土と混ぜて置いてみたりしていましたが、購入した「捨てられる土」は、土というよりも木の繊維を裂いて作ったようなふっかふかの木の屑のようなもので、燃えるゴミとして捨てられ、しかも軽くて持ち運ぶのがすごく楽でした。これだけだと水はけが良すぎるかもしれないので、野菜用の培養土と混ぜて使ってみることに。

2015-06-07 16.14.54
こういうのを潜在的なニーズが顕在化したというんだなあ~とちょっと感動。これまで「捨てられる土があればなあ~」とは考えもしなかったし、土は重いのが当たり前で「軽くなればいいなあ~」とも思ってもいませんでした。でも目の前に出されてみると、確かにこれは便利だ、、と思える。ベランダで植物を育てている人の未解決ニーズ(本人も解決したいとすら思っていない)をとらえた商品ですね。

Written by intervistatokyo

2015/06/07 @  

カテゴリー: 研修, 買ってみました