マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

雨音の効果とは

2015-06-14 11.56.20

今日は雨がざ~っと降ったり、一時やんだと思っても、またひどく降ったりでこれぞ梅雨ど真ん中のジメジメ度。
今週金曜日実施の企業研修の準備を事務所でしておりました。
作成し終わったスライドをみながら、各スライドのところで何をどう伝えるかをおさらい。
1人リハーサルのようなものを、ブツブツ言いながらやっておりました。
雨がざ~っと降っている音を聞きながらだと、あきらめがつくのか、集中出来るのが不思議。なぜでしょうか。
いつもと同じ、なじみの道を散歩しているような時に何かいいアイデアが浮かぶんだということをどこかで聞いたことがあります。
それは、慣れた道で何も新しいことが起こらないとわかっているので脳が考えごとに集中するのだという説明だったような・・雨の音でもう外では興味をひくような新しいことは起こらないと思って集中出来たのか?それとも単に二日後だから焦って集中せざるを得なかったのか??

何はともあれ金曜日は、私の話を聞いていただいて、「ああ~なるほど自分もじゃあちょっとヒアリングしてみよう、インタビューのコツつかんでやってみよう」と思っていただけることが目標です。
写真:事務所近くにあじさい通りと私が勝手に名付けている通りがあって、通りの片側にこの時期アジサイが咲き誇っています

Written by intervistatokyo

2015/06/17 @  

カテゴリー: その他, 研修