マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 8月 2015

8月に読んだ本

8月ももう明日で終わり。今年の夏は猛暑でしたが、体調崩さず乗りきれました。しかし、暑かった・・・。
お盆には学生時代の友達4人で地元で会ったり、あの暑いさなか”氷のう”を首筋に当てたりしながらゴルフも楽しみました。
今週末も夫婦2組でゴルフへ。午前中は霧雨の中でしたが、お盆の頃の暑さを思えばなんのその~。しかしスコアは酷暑の中ラウンドしたお盆の時の方が良かったので、ゴルフってわかりません・・・。
2015-08-30 17.18.45

8月は小説を数冊読みました。
今年の芥川賞2作を読み(「火花」は面白かった)、辻村深月さんの小説4冊を読了(「ゼロハチゼロナナ」⇒「朝が来る」⇒「ツナグ」⇒「僕のメジャースプーン」の順に読みました)。辻村さんの小説は、とても考えさせられることが多く、それが刺激的です。
毎回テーマがはっきりしていて、それを物語にぶつけてくれるのですが、それがうまい具合に計算されていて読者は自然に考えさせられます。
吉本ばななさんの「おとなになるってどんなこと?」(ちくまプリマー新書)は、年齢では大人になった私が読んでも”そう、そう!”と思うことと、”そうかあ~”と感じることがたくさんあって、とても励まされました。

Written by intervistatokyo

2015/08/30 at  

カテゴリー: Books

第14回世界バレエフェスティバルへ

2015-08-08 17.13.32

3年に一度の祭典、世界バレエフェスティバルに行って参りました!今日はBプログラムの初日です。
世界のバレエ団のトップスター達が一堂に会して次々と踊ってくれるまさに一瞬とも気の抜けない祭典なので、ワクワクで上野へ。第12回(6年前)に初めて行った時はシルビィ・ギエム、マチュー・ガニオらのトップダンサーの数々の超絶技巧に大感激でした。
今回は、まず友達と文化会館の2階でランチをしながらバレエ談義。
友達はもとバレエダンサーで今はバレエのエッセンスを取り入れたトレーニング法を女子サッカー選手に教えたりしているので、どこの筋肉を鍛えることが重要とかついついそういう話に聞き入ってしまいました。
さらには、パリオペラ座バレエと英国ロイヤルバレエとマリインスキーだと踊り方がどこが違うのかとかちょっと教えてもらったりして、興味しんしん。その後劇場にいざ突入。

3回の休憩を挟んで4時間30分の長丁場だったのですが、終わってみるとあっと言う間でもう一回観たい~と思ってしまいました。
みな素晴らしかったけれど、初めて観たウリヤーナ・ロパートキナの「瀕死の白鳥」は素晴らしかった~。
手の波打つ動きは本当に白鳥の羽の動きそのもの。どうやったらあんなに手が後ろにも回るのか?そして手が長い~。
彼女の踊る「白鳥の湖」を全幕で観たくなってしまいました(12月にマリインスキーの来日公演ありますね)。
そして「海賊」を踊った英国ロイヤルバレエ団のサラ・ラムとワディム・ムンタギロフもパワフルで勢いを感じました。
パリオペラ座のアデューを終えたばかりのオーレリ・デュポンの「マノン」も思い出になったし、イザベル・ゲランと、マニュエル・ルグリの「こうもり」も良かった。ラストは「ドン・キホーテ」で会場大盛り上がりでした。
帰宅後、余韻を味わいつつ「ダンスマガジン」9月号を読んでいたら誌上販売でDVDがたくさん出ており、その中でオーレリ・デュポンとマニュエル・ルグリの「ドン・キホーテ」のDVD、もうひとつアリーナ・コジョカルとワディム・ムンタギロフの「海賊」のDVDが目にとまりました。ライブの感動には敵わないとは思うけれど、もう少し余韻を楽しみたいから注文してみようっと!

Written by intervistatokyo

2015/08/08 at  

カテゴリー: バレエ, 行ってみました

例年通り高原でゴルフ

2015-07-30 13.52.38
先週は夏休みをいただき、高原に行って参りました。かなり、リフレッシュ出来ました~。
例年通り、標高1100メートルで3日間連続でゴルフをしました。目の前のボールに集中して頭の中を空っぽに出来るところがゴルフの良さ。
ゴルフの後は山の中を散策したり、アウトレットで買い物したり。このあたりでは少し山の方にドライブすると山々でろ過された雨水が湧水となってこんこんと流れていて、透明で冷たくて足をつけると一瞬で体が冷えます。子供時代を思い出しながら我を忘れて冷たくてきれいな川に足をつけて遊んでしまいました。

毎年行っているのでゴルフ場でもお気に入りの焼き肉やさんでももう顔を覚えてくれていて、「1年ぶり~お元気でした?久しぶり~」とあいさつ出来るのも嬉しい限り。
帰り道は、これまた例年通りやはりお気に入りの直売所でヤングコーン、とうもろこし、黄色いズッキーニ、枝豆、オクラ、ブルーベリー、ブラックベリー、枝ごと売っている大葉などなどみるからに新鮮な野菜をたくさん買い車に詰めて帰ってきました。
50代になってから、気に入った服は色違いを買ったり、旅先も店も気に入ったところに何度も行ったりが増えてきたような。
これって好みが確定してきたからか、チャレンジした時にがっかりするリスクを低減したいからか、、、いずれにしても気に入れば何度も買うし、何度も行き、やっぱりいいよねと確認することに喜びがあるということかもしれません。

Written by intervistatokyo

2015/08/02 at  

カテゴリー: その他, 行ってみました