マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

8月に読んだ本

8月ももう明日で終わり。今年の夏は猛暑でしたが、体調崩さず乗りきれました。しかし、暑かった・・・。
お盆には学生時代の友達4人で地元で会ったり、あの暑いさなか”氷のう”を首筋に当てたりしながらゴルフも楽しみました。
今週末も夫婦2組でゴルフへ。午前中は霧雨の中でしたが、お盆の頃の暑さを思えばなんのその~。しかしスコアは酷暑の中ラウンドしたお盆の時の方が良かったので、ゴルフってわかりません・・・。
2015-08-30 17.18.45

8月は小説を数冊読みました。
今年の芥川賞2作を読み(「火花」は面白かった)、辻村深月さんの小説4冊を読了(「ゼロハチゼロナナ」⇒「朝が来る」⇒「ツナグ」⇒「僕のメジャースプーン」の順に読みました)。辻村さんの小説は、とても考えさせられることが多く、それが刺激的です。
毎回テーマがはっきりしていて、それを物語にぶつけてくれるのですが、それがうまい具合に計算されていて読者は自然に考えさせられます。
吉本ばななさんの「おとなになるってどんなこと?」(ちくまプリマー新書)は、年齢では大人になった私が読んでも”そう、そう!”と思うことと、”そうかあ~”と感じることがたくさんあって、とても励まされました。

Written by intervistatokyo

2015/08/30 @  

カテゴリー: Books