マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

シルバーウイークも終わり

2015-09-23 13.09.192015-09-23 14.48.35

シルバー・ウイークは、19日未明の集団的自衛権の法案採決で暗澹たる気持ちでスタートしました。
20日は、「ボリショイ・バビロン」という映画を友達と観に行きました。2013年にボリショイ・バレエ団のセルゲイ芸術監督が顔に硫酸をかけられた事件を追いかけたドキュメンタリーです。
ボリショイ・バレエ団の美しい踊り(光)に隠れた闇の部分(嫉妬、そしてバレエ団を操る政治や権力)を伝える映画でした。
出演している被害者のセルゲイ芸術監督も後任の監督も抑えたコメントをしており、我々は真実を想像するしかありません。
バレエダンサー達のコメントも同様です。みんな何かを恐れているがゆえの抑えた発言です。
バレエの美に陶酔しに行く観客としては知りたくない闇の部分ではあるけれど、これも現実。ボリショイに限らずそういった権力と、政治、知ればしるほどうんざりしますが現実をみようとしなくては行けないのですよね。
2015-09-23 22.26.05
もうひとつ憂鬱になったのは、「東京が壊滅する日」ダイヤモンド社(広瀬隆著)を読んで知った福島原発事故の被害の大きさ。
想像以上に深刻だった被爆量。今後の東日本の癌の発症率、いったいどうなるのでしょうか。人間が発見してしまったウランの原子力は、巨大資本力で人間の欲望とあいまって悪用され利用され、その恐ろしさを隠ぺいされたまま「安全だ」と言われ続けている。事故が起きた後ですら、それは続いているということです。

と暗くなってしまいましたが、今日は友達の厚意でチケットをいただき「ヤクルト対広島」の野球観戦に神宮球場に行ってきました。もう25年以上夫婦で仲良くしている友達夫婦と観戦後、4人で食事しながら、久しぶりに色んな話が出来て、とてもいい夜でした。明日からまた仕事。あっ、その前に、今夜はラグビーの応援が。

Written by intervistatokyo

2015/09/23 @  

カテゴリー: Books, 行ってみました