マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 10月 2015

Design Thinking

デザイン・コンサルティングファームIDEO社の共同経営者トム・ケリー氏の講演「協創のデザイン・シンキング」がHitachi Social Innovation Forum2015で(有楽町フォーラムにて)行われ、聴いてきました。
日立のこのフォーラムは毎年行われており、2年前に友人に教えてもらいました。その時はフィリップ・コトラー氏の特別講演を聴き良かったので、今年は著書も読んでおり興味のあったIDEO社の講演を申し込んでみました。
Design Thinkingのプロセスは、Empathy ⇒Prototyping ⇒Storytellingの3ステップ。
Empathyは、まずは使う人の立場で直接観察したり聴いたりして共感を感じながらニーズを探ることが大事だということ。
薬について家庭訪問した際に、シニアの人に「薬の容器について問題はないですか?」聞くと「別に問題ないです」と言っていましたが、「では実際にあけてみてください」と頼むとなんとキッチンにあった塊肉の電動スライサー(日本ではまずそんな肉やさんにあるような機械を家の台所に置いている人はいませんが)で蓋を切り、開けていた!という事例が紹介されました。
極端ではあるけれど、そういうギャップあるある~!と思いました。やはり実際に目の前で観察するのが早いです。

Prototypingはとにかく、試作品をどんどん短い時間で作ってみること。
ダイソンのサイクロン掃除機は実に5128ものプロトタイプを作ってようやく完成に至ったそうです。
まずは迅速に形にしてみる重要性でしょうか。その試作品を使ってもらいそこから改善のための意見を聞くことが大事です。

Storytellingは、創った製品の伝え方。スペック的なことや事実をいくらたくさん伝えても簡単に忘れられる。
忘れられないストーリーにすることが重要。忠犬ハチ公の話や、iPod上市時のメッセージや行動経済学の視点で選択させるためのストーリーに仕立て上げるなど色んな事例が面白かったです。

Design Thinkingは身近な今まで皆がしてきたプロセスであること、問題はその過程でどんな人でも誰でもクリエイティビティを解き放つことが出来れば、身近にあるヒントに気づけ、イノベーションにもつながりうるものなんだ、と思わせてくれる講演でした。

Written by intervistatokyo

2015/10/30 at  

カテゴリー: 行ってみました

秋の味覚でひと息ついて

2015-10-22 20.34.31

サマリー・レポートもどうにか提出し、ようやくちょっと一息で心底ほっとしました。9月、10月は忙しかった、、。
ちょうど海外から帰国していた友達と仕事友達と三人で今夜は食事。
締めの栗ご飯、美味しかった・・。
彼女が久しぶりに東京に戻ってきて驚いたことのあれこれを聞いたり、お互いの近況報告もして、美味しいものをいただいて・・・。
こういう時間は、ほんと貴重です。
iPad miniで友人が行った金沢の素敵なホテルと美味しそうな食事の写真を見せてもらいながら、京都の割烹でのめくるめく数々の食事の写真を見せてもらいながら、ああ~私も秋の旅がしたい!そんな気持ちがむくむくとわいてきました。

Written by intervistatokyo

2015/10/22 at  

カテゴリー: その他, 食べてみました

2日連続、企業研修

の週でした。
月曜日は、グループ・インタビューの様子を私がオブザベーション(観察)した上でモデレーションのアドバイスする企業研修でした。
以前よりも沈黙を待てるようになって、自然な会話を促せていて良いモデレーションになっていましたし、何より時間をかけて丁寧に準備をしてきたことがわかる発見の多いグルインでした。

火曜日は、別の企業の終日研修。
こちらは2012年からなので今年で4年(回)目。毎年少しずつ内容を更新していますが、今年は受講後のテストを実施。
はじめてテストなるものを考案しました。絶対に学んでほしいと思う点をテスト作成で先に考えたことで私も講義スライドを作る際に「学びポイント」を意識しながら作れたのが良かったように思いました。私自身テストが嫌いなので、意地悪な問いは避けて(笑)、出来るだけ高い正解率を目指して作成。
結果、全員75%以上の正解率でまずまずの仕上がりでした。

そして金曜日は、2グループのグルイン。
前の週も詰め詰めの6グループ実施だったので、さすがにこの3連休はどっと疲れが出てしまい、1日だけ出かけ、あとはのんびり。古い服を断捨離したり、冷蔵庫の掃除をしたり。
体調管理も大事な仕事。ついつい無理して強行スケジュールになってしまうと、どんと身体に来ます。
今週もまだまだ続くので、もう少しがんばります。

Written by intervistatokyo

2015/10/12 at  

カテゴリー: インタビュー, 研修

パッケージ・デザインって難しい

ということを、切に感じた1週間でした。
今週は連日、定量調査前のパッケージ案選出のためのグループインタビューをしましたが、しみじみ難しいです。

今回に限らず、何が難しいかというと、

1、パッケージの印象を聞けたとしても、それがデザインのどの要素から来ているのかは本人にも曖昧なことが多い。
2、おそらくこの色、この言葉、この要素からの印象だと伝えてもらったとしても、なぜそう感じるのかが曖昧(競合のデザインの影響も色濃くありそうですし、そのブランドの過去のデザインとも関係がありそう)
3、パッケージ評価が高くてもはたして購入につながるかどうかの判断が難しい(数秒で買うか買わないかは決まる)
4、ブランドの資産があるので、どこまでそれを守りつつ新しく進化させるのかのさじ加減が難しい

来週は、研修もグルインもあるので、また忙しくなります。
今日は爽やかで素晴らしい天気だったので、外を歩いているだけで疲れが飛びました!

Written by intervistatokyo

2015/10/03 at