マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 12月 2015

シルヴィ・ギエム ファイナル~ 引退公演へ

12月17日の東京文化会館でのギエム<ライフ・イン・プログレス>とついに今日となってしまった12月30日の全国縦断公演の最終地、神奈川県民ホールでのギエム引退公演を観てきました!
17日と30日の2公演の感想です。

まず17日の上野文化会館の公演では、ロビーにあったギエムからのメッセージにいきなりやられました(写真左)。日本と縁が深く、東京バレエ団とも縁が深く、そしてゴマそばが好きで、東日本大震災のおりには現地でボレロを踊って励ましたギエム。
「ダンス・マガジン」の特集(写真中央)で引退に至る思いや決断も読んでいたので、会場に入ったそばから感動していました。

2015-12-17 18.35.142015-12-31 09.23.502015-12-31 09.23.33

17日にギエムが踊った「テクネ」では、身体ってこんな動きするんだっけ?えっどうなっているの??と驚きの連続。まるで人間ではない何か違う生き物のような動きが自然に出来てしまうギエムの肉体に驚愕です。
「バイ」では、扉に移る映像をうまく使っていて、扉を行き来するギエムが最後、行ってしまうのが今回のアデュー公演にぴったり。
お別れの「バイ(BYE)」に感極まった観客はみんなスタンディング・オベーション。あたたかい拍手をずっとずっと送り続けていて、なんて温かい会場なんだろうとその雰囲気自体にジーンとしました。
そして30日公演での「TWO」を踊ったギエムの手の動きは照明の素晴らしい効果と相まって、まるでともしびが夜の浜辺でくるくると廻るようにみえました。炎の残像と思わせるしなる腕の動き、一体どうやったらこんな動きが出来るのでしょうか。
そして、最後はボレロです。
彼女がこれまで捧げてきたバレエ人生の時間を思わずにはいられない舞踏でした。
最後の方には「終わらないで~」と祈るような気持ちになってしまいましたが、終わらなくてはならないし、いつか終わるのですね。

ボレロが終わると会場はほとんど全員が立ちあがり「ブラボー!!!」の嵐。次々にファンから渡される花束。この温かい会場の雰囲気ともう観れなくなるんだという寂しさで、私も涙しました。
東京バレエ団の人たちも涙をぬぐいながら舞台上でギエムとハグ。
この後スクリーンに次々と映し出されるパリオペラ座の頃からの写真のサプライズ演出。
これはギエムさん自身も涙をぬぐいながら観客と一緒になってみておられたのが印象的。
ファンが自分自身もギエムと共に過ごした時間を振り返り、淋しく思いつつも彼女の引退後の人生を応援する、そういう素晴らしいアデュー公演でした。

私自身はじめてギエムの踊りを観たのが2007年に1公演。2009年に2公演(うち1公演のモーリス・ベジャール追悼特別公演でギエムのボレロを初体験!)、そして今回の2公演です。
私も1人のファンとして、50才の彼女のこれからの人生にたくさんの良きことがあるようにと祈り会場をあと。そして、中華街「萬珍樓」にて広東料理に舌鼓を打ちました。興奮状態でしゃべりながら食べたせいか、ちょっと食べ過ぎました・・・。

最後に、東京バレエ団の人達も良かったです。
2日ともに最初の演目だった、フォーサイス振り付けの「インザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド(ながい・・)」は、ギエムもパリオペラ座時代に相当踊ったであろう演目ですが(DVDでギエムが練習しているシーンがありました)、すごく踊りづらそうな振り付けの現代バレエでしかもこれをトウシューズで踊るって・・想像を絶するのですが、見事でした。
ただ、あまりに繰り返すフレーズと衝撃音の音楽とに、、驚きました、2回観たらようやく慣れてきましたが、それでもこれは長かった・・です。最後にはあまりに繰り返すフレーズとパの連続に心臓の音とか血管を流れる血を想像してしまいました、なぜか・・。

Written by intervistatokyo

2015/12/30 at  

カテゴリー: バレエ, 行ってみました

今年の仕事もあと少し

2015-12-12 15.09.47

今週の火曜と水曜で今年の実査は終了です。
今年の秋は予想以上にフォーカス・グループが多かったのですが、体調も崩さず終われそうなので、ほっとしています。
(まだ終わっていないので、気は抜けませんが・・)
12月21日(月)よりお休みをいただき、来年は1月4日(月)からスタートします。
今年も仕事を通じて色んな方々との出会いがあり、刺激を受けました!
学ぶことだらけですが、課題に真面目に取り組むつもりです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

Written by intervistatokyo

2015/12/13 at  

カテゴリー: その他