マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

MIYAKE ISSEY展(三宅一生の仕事)を見てきました@国立新美術館

2016-04-29 13.07.302016-04-29 13.11.38

ゴールデン・ウイーク、始まりました。GW明けに実施する研修テキストも昨日やっと完成したので、休めます!

ミヤケ・イッセイ展を見に、夫と国立新美術館へ。
もともとすごい人だと思ってはいたけれど、こうして若いころからの仕事を一堂にみると、本当にすごい。
デザインって哲学なんだと思った。
平面の布で人間の身体を包む(守る)こと、その1枚の布から作ることへのこだわり、彼の言っている”身体と布との間(ま)”を大事にするということも深い。

最初のセクションAでは、1970年代の当初の作品が展示されていて、ここからもう、うわ~、すごい!と感動。
世界のいろんな民族衣装に宿っているその土地の自然素材と知恵からできているものを現代的に再デザインしているところがかっこいい。
そして、今回の展示会場そのものの仕立てもすごく美しくて、見やすい。
セクションAのトルソーがまたすごいのですよ。吉岡徳仁氏がデザインしたものだそうで、段ボール切ったようなものに最初は、見えたけれど、これって1枚の板をレーザーでくりぬいたパーツを組み合わせたものだったんですね。
セクションCの会場もすごく見やすく、プリーツを作る機械が展示されていて動画で作り方が見れたのもよかった。
A-POCの展示も、天井からロール生地を下げているのがわかりやすくて、あらためて革新的なデザインだなと思った。
私もプリーツプリーズの服や筒状のニットを自由に切って使うA-POCのセーターを持っているので、興味しんしんでみました。脳がすごく刺激され、そして元気になる企画展でした。

Written by intervistatokyo

2016/04/29 @  

カテゴリー: その他, 行ってみました