マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

新緑の京都

 

2016-05-01 14.08.222016-05-03 16.39.04
夫と京都へ行ってきました。

まずは、夫が禅の展覧会で白隠の禅画をみたいということで京都国立博物館へ。
室町時代に雪舟が描いた慧可断臂図(えかだんぴず)では、禅宗の初祖である達磨に弟子入りしようとした慧可が切り落とした左腕をみせ、本気度を達磨に示しています(右の写真の左側の絵)。一方、最近大分で発見された白隠慧鶴が江戸時代に描いた慧可断臂画では、右手に刀は持っているものの、まっすぐ差し出されている左腕は切り落とされていません(右の写真の右側の絵)、白隠は、まっすぐ腕を突き出すことで何を言わんとしたのでしょうか。
そこは図録にも書いておらず、戻ってからも気になりました。想像するに、そんな風に腕を切り落とす以外に何か他のやり方で本気度を示すことはできないものか、あなた独自の本気の示し方を考えなさいと言っているように思えましたが、果たしてその真意は?私は禅の素人ですので的外れでしょうけれど、そんな風に想像してしまいました。

2016-05-01 19.39.25

夜は、筍や湯葉や花山椒を使ったお料理の数々に大満足!!

2016-05-02 10.45.01

翌日は、比叡山を借景とした枯山水の庭で有名な圓通寺に。京都出身の友人からも薦められておりいつか行きたいと思っていたのですが、やっと行けました。
お天気も最高で比叡山もくっきり見え、借景含めて絵画のように構成された庭の眺めに見入ってしまいました。

2016-05-02 12.42.022016-05-02 13.24.28

その後、天気もいいので新緑を見に遠出して叡山鉄道で鞍馬へ。
由岐神社の樹齢800年の大杉に圧倒され、そこから山道を30分ほど登って鞍馬寺へ。
結構急な坂道でしたが、途中折々みられる木漏れ日にゆらゆらする新緑がほんとにきれいで、何枚も写真を撮ってしまいました。それにしても、スニーカーはいてて良かった~。後でiPhoneでチェックしたら、もっと歩いた気がしていましたが、1日で13000歩、上った階数にして42階分でした。

Written by intervistatokyo

2016/05/03 @  

カテゴリー: その他, 行ってみました