マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 6月 2016

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読みました

2016-06-20 11.10.08

今週は、実査があり慌ただしい週でした。
あらためて企業が持っている複数のブランドの価値をどう維持するのかについての示唆をたくさん得られた週でした。
ということで、マーケティングって何なのかがよくわかる本を読みましたのでご紹介します。

現在ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のCMOであり、かつてはP&Gでマーケティングを実践し、P&G米国本社でも体験を積まれた著者だけあって、マーケティングの基礎が大変わかりやすく書かれています。
本を書くきっかけが娘さんにお父さんの仕事って何と聞かれ、マーケティングをわかりやすく説明する必要性を感じたというだけあって学生の人が読んでもわかりやすいし、実際社会人になった人が読んでも勉強になります。
本当にそうだな~と思うのは、著者が書いているように『マーケティングの本質とは、売れる仕組みを作ること』であり、『どうやって売れるようにするかというと消費者と商品の接点を制する(コントロールする)こと。コントロールすべき消費者との接点は、3つ』

1)消費者の頭の中を制する
2)店頭(買う場所)を制する
3)商品の使用体験を制する

消費者の頭の中に「選ばれる必然を」作るということ、Brand Equityを築くための活動・ブランディングをすること。
日々、消費者にインタビューしていても感じますが、「消費者の頭の中」ですでに勝負がついていることも多い。
消費者の3つぐらいの選択肢に入ることが、実はいかに大変なことかを日々感じています。

USJが5年前から「映画だけのテーマパーク」をやめて「世界最高のエンターテイメントを集めたセレクトショップ」にブランド戦略を切り替えたのは、まずは財務体質を強化する必要があったこと。そのためにゲームやアニメのブランドを集めてパークの集客を強化し、力をつけてそして垂涎のハリーポッターを建てられるまでになったそうです。

「マーケター」という職種をもっと若い人にも広く知ってもらい理解も深めたいという著者の思いが綴られた本です。

Written by intervistatokyo

2016/06/25 at  

カテゴリー: Books

英国ロイヤル・バレエ団「ロミオとジュリエット」を観てきました

2016-06-16 20.30.132016-06-17 07.20.35

来週からの調査の準備も、ほぼ見通しがついて昨晩は上野の東京文化会館にてロミオとジュリエットを観てきました。
さすが英国ロイヤル・バレエ団の十八番の「ロミオとジュリエット(マクミラン版)」だけあって、第一幕から舞台美術や重厚な衣装が織りなす色合いが照明に映えてなんとも美しいこと。チケット発売日に勢いでぽちっとパソコンから買った私の席は6列目でしたので、細かいところまで良く見えて大満足でした。

2016-06-17 07.19.48
待望の3回のパ・ド・ドゥはもうどれもため息もので、ジュリエット役のローレン・カスバートソンとロミオ役のフェデリコ・ボネッリのパートナーシップはぴったり(写真はパンフレットより)。
難しいリフトや体重傾けても微動だにしないジュリエット(カスバートソン)の強い体幹、ただただ脱帽です。
バルコニーのパ・ド・ドゥのおさえきれない気持ちも寝室のパ・ド・ドゥの揺れまどう気持ちも、プロコフィエフの音楽にのってストレートに伝わってきたし、とにかく美しい~。
ストーリーは知っているし、プロコフィエフの音楽も聴いたことがあるので、私のような初心者にはもってこいの鉄板の演目。英国ロイヤルのロミオとジュリエット(マクミラン版)は何度でも観たいと思えました。
で、ロビーで今日の二人の出ているDVD(2012年収録)を購入してしまいました。余韻に浸る消費行動(笑)。

Written by intervistatokyo

2016/06/17 at  

カテゴリー: バレエ

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読みました

2016-06-08 09.12.24

書店で見かけて、つい買ってしまいました。
あれだけ強いジョコビッチはどんな人なのだろうという興味で。

11か月がシーズンのプロテニスプレイヤーとして(しかもトップで)戦いぬくためには、こんなにストイックに日々を過ごしているのかということにまず敬服します。本当にそこまで含めての戦いなのだなと。
2010年以前のジョコビッチの原因不明の不調は、グルテン不耐症が原因だったそうです。
それがわかり食事をグルテンフリーにしてから、試合途中で原因不明の呼吸困難を起こすこともなく勝ち続けているのです。セルビアで育ったという環境もメンタルの強さと関係しているんでしょうね。
グルテンがどういうものか、がこの本を読んでよくわかりました。
また、この本で各内臓がそれぞれどのようなスケジュールで毎日厳密に活動していて人間の身体とはなんとすごいのだろうとあらためて思いましたし、各臓器ががんばってくれているのにそれを無視して暴食しちゃいけないな~と反省してしまうのでした。

私自身、眼科でアレルギー検査をしたことがあり、花粉含め、食品もいくつか擬陽性が出たので症状は出ていないもののその食品は食べ過ぎないように注意してくださいと言われていますが、そこまで真剣に考えてはいませんでした。

グルテン不耐症かどうかの検査は、2週間グルテンフリーの食事をして体調が変わるかをみるか、病院で検査または自分でキットを買って検査するしかないのですが、そこまで根性のない私は、これまで眼科でやった検査結果で出ている品目についてのみ多少注意することにしました。

そして、とにかく食べることをもっと丁寧に、飽食の時代だからこそ自分が食べるべきでないものは避け、食べるべきものを選んで、食材と身体に感謝しつつ食べなくちゃと思いました。

Written by intervistatokyo

2016/06/08 at  

カテゴリー: Books