マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

ミラノ・スカラ座バレエ団「ドン・キホーテ」公演(東京文化会館)へ

2016-09-22 13.36.592016-09-22 17.03.36

日伊国交樹立150周年記念公演だったんですね、冒頭ミラノ市長さんのあいさつで初日が始まりました。
今日のキトリ役はもともとポリーナ・セミオノワの予定だったのですが、妊娠のため出演不可能となり急遽キトリは、シュツットガルトバレエ団プリンシパルのエリサ・バデネスになりました。
スカラ座バレエ団は、急なキャスト変更でさぞや大変だったことでしょう。
調べてみるとスペイン人のエリサ・バデネスは、はつらつとしたキトリを踊られるということだったので、楽しみにして出かけました。
想像通り、彼女が舞台に登場すると舞台全体がぱあ~と明るくなって、彼女に満ち溢れるエネルギーがどんどん外に飛び出してくるのが見えるようでした。
サバサバというか、ちゃきちゃきしたキトリとしての演技も良かったし、特徴的だなと感じたのは、彼女の手。
長い手だからなのか、手を上にあげるアン・オーのポジションにしたときにものすごく広い空間が感じられてそれが観る側に心地よいこと、不思議でした。
そしてピルエットもすごく安定していて、3幕のグランフェッテでは前半には2回転もおり混ぜながら、難なく余裕で廻っていて、見る側がまったく心配なくリラックスして観ていられる感じでした(別にこちらが緊張しても意味ないんですが(^_^;)・・・きっとお得意の役なんでしょうね、ほんとに楽しそうに踊られていました。
私にとって初めてのミラノ・スカラ座バレエ団の「ドン・キホーテ」、堪能しました。

Written by intervistatokyo

2016/09/22 @  

カテゴリー: バレエ, 行ってみました