マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

企業研修~価値を探る技術「マーケティング・インタビュー」の基礎~を実施

今日は9時30分から17時まで都内某所にて某メーカーの社内研修の講師を務めてきました。
研修自体は、4か月かけて10回にわたって行うもので、講師は私を含めて4名が担当します。

私は今年でもう5年目(5回目)になりますので、どのような質問が多く出てくるのか、どういったことを伝えたらいいのかも想像がついてくるようになってきました。
その知見を活かして、研修のエッセンスは変えずに、時間配分や講義とグループワークの順番を変えたり、事例などを少しずつアップデートするなどして1日研修を組み立てています。

今年も真面目に取り組んでいただきました。
17時ぴったりに終わることもできるようになってきて(当初はどうしても伸びてしまったりしたものでした)、一方的に教えるという姿勢ではなく、問いかけをしながら理解をしてもらうことも、できるようになってきたと思います(当初は結論だけお伝えするようなこともあった気がします)。経験して積み上げていくしかないのですね。

また、先日購入したタブレット端末も今日持参し、うまくつながりました(ほっ)。

先週行ったグループ・インタビューの時には、レンタル・グルインルームが貸し出してくれたパソコンにまさかのパワーポイントが入っておらずテストするCM素材を映せないことが開始20分前ぐらいにわかり、調査会社の人の持参した別のパソコンでつなごうとしたら今度はプロジェクターとパソコンをつなぐケーブルの端子の変換器がないということがわかり、それをビックカメラに買いに走ったり、、とバタバタしました。

結果無事テスト素材を見せ終了できたのですが、今後は、準備できる変換器は端子別にいくつか用意することやファイルの保存形式も色んなパターンを用意する(PDFやJPGやPNGなどの形式でも保存しておくとたとえパワーポイントが入っていなくても大丈夫)ことを詳しい友人に教えてもらいました。

で、今日こそはと万全の準備で行ったので、大丈夫でした。
明日は、弊社メンバーが大阪にて別案件でメーカー様向けに4時間のワークショップを行います。
そちらの準備も整ったとの連絡があり、明日もうまくいきますように。

Written by intervistatokyo

2016/10/18 @  

カテゴリー: 研修