マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 11月 2016

シズル・ワード

2016-11-20 08.33.17

「ふわとろ」は、リサーチャー仲間から教えてもらって買った本です。
シズルワードはたくさんあれど、それをここまでまとめた本って珍しい。
第一章は、いろんなお店を経営し「おいしい」を作っている人へのインタビュー。
第二章は、「おいしい」を伝える言葉を研究している人、表現している人の章。
第三章は、映画や本に出てきていた「おいしさ」。第四章は、シズル・ワードの字引。
私は特に第二章が面白く、食のオノマトペにおける複合感覚表現というところで、例えば「ツルツルの素麺」は一つのオノマトペ(ここではツルツル)が視覚的印象と食感(触覚)と音(聴覚)とを同時にあらわしている。色んな感覚に刺激を与えるオノマトペは、おいしさをよりリアルに想像させるという指摘はほんとその通り。
サクサク、パリパリ、シャキシャキ、とろっとろ、もっちもちなどオノマトペで食感を表現されるとシズル感が高まります。
シズルカットを撮影するカメラマンが「キンキンに冷えたシェイク」や「揚げたてのあっつあつのエビフライ」や「口どけなめらかなアイスクリーム」のカットをどう工夫して撮っているのかも少し明かされています。
整然としているよりも、あえて粉がまわりに飛び散っているピザやスプーンからはみ出て垂れそうなアイスクリームの方がよりおいしそうに見えるなど、みる人の感覚に響く要素を盛り込むことが大事なんだそうです・・確かに。
おいしさは全身で感じるものであり、その経験と記憶をもとにして感じるものなんですね。

Written by intervistatokyo

2016/11/20 at  

カテゴリー: Books

「こねないパン」の生地でピザを作りました

2016-11-13 13.39.472016-11-13 16.36.562016-11-13 18.52.05

先週実施したグル―プ・インタビューも無事終了し、今週末は落ち着いて過ごせそう、ということで、
栗原はるみさんの本「こねないパン」のパンをいきなり作るのは勇気がいるので、同じ生地でピザを作ってみました。
本には、パン1個の生地でピザ4枚分ができるとあったので、まずはその半分の量でトライ。
最初、2時間発酵、次にひっぱって丸めて閉じたりした後に1時間発酵、最後もう一度ひっぱって丸めて閉じて1時間。都合4~5時間は家にいるときでないとできないのですが、それでも発酵しているうちに他のことはできるのでそんなにずっと調理しているという感じでもないですね。

上にのせたのは、最初2時間発酵しているうちに買いに行ったモッツアレラチーズ、トマトペースト(1枚分が小袋に入っている使いきりのカゴメのもの)、生ハム、ルッコラ、ブラックオリーブ(QPのサラダクラブというカットされて入っている袋入りのもの)。そしてうちのベランダでまだがんばっているバジルを上に。
ルッコラやバジルは、焼いてからのせた方が見た目は良かった・・。なので焼いた後にたっぷりのせて食べました。

粉は、国産有機小麦の準強力粉というのを買い、強力粉とどこが違うのかもわからず試したので不安でしたが大丈夫でした。結果的には生地が(自分で作ったので思い入れもあり)、とても香ばしくおいしくできました!

栗原はるみさんが本の最後に、レシピ完成までに300個、修行のように作り続けたと書いておられ、その努力のおかげでこうして「誰が作ってもできる」ようになっているわけですね。300回はすごいです。

Written by intervistatokyo

2016/11/13 at  

カテゴリー: その他, 食べてみました

小野絢子さんのジュリエット@新国立劇場

2016-11-04 16.12.37

新国立劇場(初台)にて小野絢子さんがジュリエット役の「ロメオ&ジュリエット」を観てきました。

9月に、小野さんがロメオ&ジュリエットの魅力を語るトークショーを聞きに行ってからぜひ観たいと思っていましたが、観れて本当に良かったです。
小野さんのジュリエット、ほんとに素晴らしかった!はまり役だと思いました。
第3幕のベッドで座るだけの振り付けシーンについてはトークショーでも話されていましたが、小野さんの表情から悲しみ、悩み、そして決意するまでの気持ちの変化が見事に出ていました。もうそこでぐっときてしまいまして、そこから第3幕終盤までいっきに進みました。

バルコニーのシーン(第1幕)の音楽モチーフが何度も出てきて二人の切ない思いが観客にもどんどん増幅して伝わってきた第3幕の二人のパ・ド・ドゥはそれはそれは切なく美しく見事でした。プロコフィエフの音楽にまたまた魅了されました。

最後にジュリエットが行き違いでロメオの死を知り、驚愕し悲しみ、そして短剣で自らの胸を刺し満身の思いをこめて手を伸ばしてロメオにさわろうとする。そのシーンは、小野さんの魂こめた迫真の演技が演技とはまったく感じられないくらい自然で純粋できれいでした。

私が行った日には、学校の授業の一環としてなのか、高校生男女が会場にたくさん観にきていて、もしかしたら人生最初のバレエ鑑賞の人も多くいたはずですが、それが小野さんのジュリエットってそれはそれは贅沢だわ~と思いました。最初はわさわさしていた高校生たちが、どんどんひき込まれているのが幕を追うごとにわかって、私もうれしくなりました。

Written by intervistatokyo

2016/11/04 at  

カテゴリー: バレエ