マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 4月 2017

フィンランド国立バレエ団公演@オーチャードホール

2017-04-29 16.21.372017-04-25 15.25.06

今週、調査レポートを完了。無事に納品しほっとしたところでフィンランド国立バレエ団の公演に行きました。

最後のカーテンコールは、撮影がOKでした(写真右)。
第一部の、「白鳥の湖」三幕のグラン・パ・ド・ドゥや、「ドン・キホーテ」のグラン・パ・ド・ドゥももちろん良かったけれど、初めてみるフィンランド国立バレエ団の大事なレパートリーの一つだという「トゥオネラの白鳥」と「バレエ『悲愴』より」というコンテンポラリーがとても良かった。
第二部の「楽しいムーミン一家」は、ムーミンたちの着ぐるみの足元がちゃんとトウシューズになっていて踊っていました!また、ミイの動きが愛らしく、舞台全体をいきいきとした印象にしていていました。
そしてムーミンバレエのオリジナル・キャラクター、ルビー役の日本人ソリスト、松根花子さんが特に素晴らしかったです。元Kバレエにおられた方だったんですね~。ケネス・グレーヴ芸術監督もしっかり1階席で観ておられました。

Written by intervistatokyo

2017/04/29 at  

カテゴリー: バレエ

デプス・インタビューも終えて、爽やかな日曜日

金曜日と土曜日の二日間で、8人のデプス・インタビュー(1対1)を実施しました。
クライアントと共に苦労してウエブでリクルートした人達でしたので、全員出席で終了し、まずはほっとしました。
今回一人あたり90分ずつ1日で4人に聞くので、さすがにインタビュアー一人では集中力が持続しませんから手分けして二人で順番に行いました。発注元企業の方々も別室で1日6時間、ひとの話を聞き続けるわけですので、それもかなりしんどいことです。
人は、7つくらいまでの数や単語なら、記憶できるといいますが、一人ひとりの話は濃くて、とってもじゃないけれどそんなに長くは覚えていられません。日に日に忘れてしまいます。
もちろん話を再現した発言録はプロの書記の人に作ってもらっていますが、どんな人だったかな?をすぐに思い出せるように、工夫していることがあります。聞いた話から印象に残ったことをキャッチ―なニックネームにして一人ずつ命名し、簡単なイラストもつけて一人一枚のメモを作成するのです、そうするとその人の顔も案外思い出すものです。
月曜日からチームでレポーティングを始めます。
今日は夏日のようないいお天気でしたので、東京ガーデンテラス紀尾井町でランチをしました。

2017-04-16 13.01.152017-04-16 15.19.232017-04-16 15.31.00 HDR

裏手にはちょっとしたガーデンがあってシャクヤクやシャガの白い花がたくさん咲いていました。
そして偶然、芝さくらの鉢植えを敷き詰めたイベントがあり、何鉢でも持って帰っていいですよ~ということでしたのでありがたく5鉢くらい持って帰りました。少しでも緑を見ると目が休まりますね~。

Written by intervistatokyo

2017/04/16 at  

ミュシャ展(国立新美術館)へ

国立新美術館では、草間彌生展も開催しているので、水玉で包まれた木々と桜をみながら入ります。

2017-04-07 12.01.41

「スラブ叙事詩」、大きい!こんなに大きいとは!
しかも20枚、こんなに緻密な作品を描き上げるエネルギー。そして思い。
スラブ叙事詩の⑧では戦争は勝っても悲惨であることを、ミュシャは無残な犠牲者を眼下に見るむなしいまなざしの勝者を描くことで伝えていました。
50代の時に着手した「スラブ叙事詩」。50代って体力もあり、伝えたいことも明確になる年代なのかも(実に17年かかって描いているのですね)。
ミュシャの伝えたいことをよそに、人間って学んでいなくて、今だ同じこと繰りかえしていると思います、間接的に手を貸していることも含めて。
後半の部屋は写真OKでしたので、撮影しました。下からみあげる大きさなので上の方のディテールを見るために双眼鏡を持ってきて見ている美大生っぽい人もいました、準備がいい~。それか何回も来ているのかもしれません。

2017-04-07 12.56.382017-04-07 12.56.17
そして、これ一体どうやって運んだのだろう??と思って調べてみたら、公式の動画で紹介されていました。なんと、くるくる巻いて運んで会場でフレームに入れて展示しているんですね。びっくり。

帰りにミッドタウンと乃木坂の桜をみてきました。

2017-04-07 13.41.392017-04-07 14.54.46

Written by intervistatokyo

2017/04/08 at  

カテゴリー: 行ってみました

やっと、ほぼ咲きました

今日は午前中電話会議。その後遅めのランチタイムでしたが、さくっと見てきました。千鳥ヶ淵の桜は、木によっては8分ぐらいのものもありますが、ほぼ咲きました。しかし、、

2017-04-05 14.36.092017-04-05 14.40.402017-04-05 14.35.05

例年に比べると、温度がいっきに上がらなかったので、今一つ遠目にみても勢いのようなものがありませんね~。
贅沢は言えませんが、温度が急にあがり空気がいっきにゆるむ時に、”もう咲かずにいられません!”っという感じの開花が美しくて好きです。
たわわに咲いた花を付けた枝が、風に揺れて水面につきそうになるのが私の千鳥ヶ淵の桜の満開イメージですが、今年はまだそこまでいっていません。

Written by intervistatokyo

2017/04/05 at  

カテゴリー:

まだ4分咲きぐらい

英国大使館前の桜と大使館前交差点から代官町に抜ける通り(ランナーが多く走る道)の桜を見てきましたが、残念ながらまだ4分咲きぐらいでした(木によっても差があり)。それでも、観光バス、車、お花見の人達とランナーで大混雑でした。今年はなかなか満開になりません。ですが、いずれちゃんと咲くはず。
雑草の本を読んだせいか、雑草も気になります(笑)。

2017-04-02 12.24.102017-04-02 12.38.042017-04-02 12.12.55

靖国通りの桜(下の写真)は、千鳥ヶ淵よりも少し早く咲くのですが、30日時点では3分咲きぐらいでした。

2017-03-30 15.38.182017-03-30 15.40.33

先週は、ハワイの友人が東京に来ていたのですが、満開の桜には少し早くて残念でした。それでも友人の好きな和菓子や和食を一緒に食べ歩いたり、朝の築地市場にも行き、楽しんでもらえたようで良かったです。

Written by intervistatokyo

2017/04/02 at  

カテゴリー: