マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

フィンランド国立バレエ団公演@オーチャードホール

2017-04-29 16.21.372017-04-25 15.25.06

今週、調査レポートを完了。無事に納品しほっとしたところでフィンランド国立バレエ団の公演に行きました。

最後のカーテンコールは、撮影がOKでした(写真右)。
第一部の、「白鳥の湖」三幕のグラン・パ・ド・ドゥや、「ドン・キホーテ」のグラン・パ・ド・ドゥももちろん良かったけれど、初めてみるフィンランド国立バレエ団の大事なレパートリーの一つだという「トゥオネラの白鳥」と「バレエ『悲愴』より」というコンテンポラリーがとても良かった。
第二部の「楽しいムーミン一家」は、ムーミンたちの着ぐるみの足元がちゃんとトウシューズになっていて踊っていました!また、ミイの動きが愛らしく、舞台全体をいきいきとした印象にしていていました。
そしてムーミンバレエのオリジナル・キャラクター、ルビー役の日本人ソリスト、松根花子さんが特に素晴らしかったです。元Kバレエにおられた方だったんですね~。ケネス・グレーヴ芸術監督もしっかり1階席で観ておられました。

Written by intervistatokyo

2017/04/29 @  

カテゴリー: バレエ