マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 6月 2017

考えず、力まずできるようになるには

5月と6月に、友人夫妻と夫と4人でゴルフラウンドしてきました。
自己ベストに1打およばなかったものの、私なりにゴルフが楽しくなってきました(4人の中では一番下手だけど・)。
なんというか力まずできるようになってきたというのでしょうか、とは言えゴルフの難しさ、繊細さもさらにわかってきたところ。

ラウンドレッスンにも3か月に一度ぐらい、今も行っていますが、これがまた役立っています。
午前中、フェアウェイやアプローチショットを芝生の上で行って、午後ハーフを先生と廻ります。
午前中の練習では、先生がiPadで撮影し、その場でスイングをみながら「ほら、ここで右肩落ちていますよね~」とか「頭動いちゃっていますね~」の指摘をしてくださり、それを直すドリルを教えて下さるのでとってもわかりやすい。例えば左足一本でうつドリルを少しやるだけで頭が自然に残るようになってトップもしなくなる。

こういうドリルは理屈抜きで、自然に体が動くようになって、いいスイングを即体感できるのが良いところ。

まず自分のありのままのスイングをちゃんと受け入れる(目で自分の映像を見ること)、そして課題をクリアするための簡単な練習が考えられていて、それをすると、自然にできるようになる。

インタビュー研修でも何かこういったシンプルなメソッドが作れないかな~と考えています。
私の研修では座学後にロールプレイ演習をしますが、その後に、ちょっと陥りがちなミスを直すドリルが作れたらいいな~と、そんなことをラウンドレッスンの後考えています。でも、まだ試案中。

教えるためのメソッドはどんなスポーツでも奥深く、考え抜かれているんでしょうね。
ゴルフもバレエも(実はこちらも私、練習してますが、とても奥深い~)、長年のノウハウが詰まっています。

Written by intervistatokyo

2017/06/25 at  

「どちらとも言えない」が招くリスク

今日、丁寧に説明されないまま、十分に討議されないまま暴挙によって共謀罪法案が可決・成立してしまった。
つまるところ最終的に一体誰が投票した人達がしていることなのかを考えると、やはり残念ながら国民の責任も大きいと思う。
今回のことに限らず、たびたび公表される世論調査結果で「どちらとも言えない」の数字を見るたびに(3割とか)、この意味を考えてしまう。
ある研究結果によると、「どちらとも言えない」の回答行動には、1)賛成反対を熟考したうえで中立意見を表明している、2)賛成反対を考えてはみたが判断ができない、3)賛成か反対かを判断しようとしないで逃げている(考える負担を避けている)という3つの意味があるそうですが、私は日本の場合には、この3)の意味で「どちらとも言えない」を選んでいる人が多いように感じています。
だから権力者がいいように、誤解を招くようなロジックと表現で法案を作って成立させてしまうのだと思う。
私たちは、騙されないぞ、自分で裏の意図まで想像して選ぶぞ、という態度で何事も選んでいきたいものであります。
そうでないとますます権力者の思うツボになってしまうと思うのです。

Written by intervistatokyo

2017/06/15 at  

カテゴリー: その他, 気になりました

「技術者のためのマーケティング」~顧客価値の構想と戦略~を読みました

2017-06-11 14.28.51

著者の谷地弘安先生(横浜国立大学大学院教授)は、ある企業の研修を長年監修実施しておられ、数年前にお誘いをうけ、私もその研修プログラムの「価値を探す」リサーチ部分の講師をさせていただいています。
「モノ発想」ではなく「コト発想」でマーケティングすることがいかに大事か、ついつい作り手が陥りがちな「モノ発想」ではなく、顧客の生活現場や顧客自身を深く知ることが大事であることを事例を使って説明しておられます。
第4章「顧客価値を探す」では、上野の著書も参考文献に入れていただいています(感謝)。
谷地先生が書いておられるように、私も普段ユーザーの利用現場に入って観察したり、商品を利用してみて、まずは、リサーチャー自身もユーザー視点に一度たってみる。そうすると問うべきことが浮かんできます。
さらに、先生が書いておられるヒアリングの際の見える化の重要性についても同感です。
私もインタビューの場で対象者の言葉をポストイットなどの付箋紙に見える化しながらすすめることも多い。
デプス・インタビューであれば、語ってくれた言葉を目の前に書き出していく、グル―プ・インタビューであれば、最初に問いを投げかけ、思いつくことを対象者の言葉で思い思いに書き出してもらってから、それらをホワイトボードに貼っていきながらそれをもとに討議する。
会話が他人ごとや抽象論にならない、みんなが語ってくれたことがどんどん見える化される、そしてそれがさらなる刺激となって、また討議が活発になる。写真撮影して保存もでき、とても有意義な討議となる。
何より、クライアントが見ていても、ユーザーが自社の製品やサービスについて普段感じていることが目の前でどんどん言葉(と文字)になって出てくるので説得力もあるように思います。

Written by intervistatokyo

2017/06/11 at  

カテゴリー: インタビュー, Books

梅雨前、ひとときの爽やかな天気の週末でした

2017-06-02 12.32.342017-06-02 12.31.25

このところ事務所の近くを歩いていると、いろんな種類のいろんな色のアジサイを見かけ、きれいです。
先週は、グループ・インタビューがあり、事前に競合店を視察したりの準備があったので無事完了でほっとしました。
慣れない商品や案件の時は、やはり事前準備に時間はかかりますが、その分なんとか終えた時は達成感があります。
今回は顧客の声や、少し離れつつある人の意見を直接聞くことで、課題が整理され、すっきりされたようです。

今日は、丸の内仲通りでStreet Market By CREEMAに友達が出店していたので、夫と立ち寄りました。
友達のミルフィオリを使ったベネチアンガラスのジュエリー作品は、どれもカラフルで元気が出ます!
毎回好きな色の組み合わせのピアスが見つけられるので、ついついまたほしくなってしまいます。
今日は偶然にも、共通の友人ご夫妻ともばったりそこで会えて、嬉しかった!
外で座ってコーヒー飲みながらおしゃべりも出来て、ほっこりしました。
ハンドメイド市場って今すごいんですね。みんな個性全開の作品を作っていて、どれ一つとして似たようなものはなく、だからこそ色んなお店を覗くのも楽しくて、直接作家の人の話を聞きながら買うのがまたいいですね。

Written by intervistatokyo

2017/06/04 at  

カテゴリー: その他, 行ってみました