マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「人工知能~人類最悪にして最後の発明」(ダイヤモンド社)を読みました

2017-07-20 18.25.23

ジェイムズ・バラットというドキュメンタリー番組のプロデューサーが書いた本なので、センセーショナルな表現も多いのですが、発明家のレイ・カーツワイル、SF作家のアーサー・C・クラーク、その他たくさんのロボットや人工知能の開発者に取材し、これから加速度的に早いスピードで進むAIや超AIの開発によっていずれAIが人類を滅亡させてしまうのでは?と危惧し、かなりの悲観論を展開しています。

読んでいると怖くなります。信じるかどうかは、別として、AIはもうすでに我々の生活に入ってきており、それがものすごいスピードで今後ますます進化し続け、ある地点を超えると、AI自身が自ら生き残るための戦略をたて自己進化し、自らのプログラムを改良して能力を高め例え人間が電源を切ろうとも、すでになんらかの対策をたててそのときはすでに遅し、、ということになるようなんです。怖いですよね~。ターミネーターのような世界になる?
人間よりはるかに賢い”超AI”がどうなっていくのか開発者ですら、ある地点から理解も予測もできなくなってしまうようなのですね。
読んでいて難しい箇所も多々ありましたが、あたかもSFを読むような気持で読んでいました。
2045年、今から28年後ぐらいには人工知能が人間よりはるかに賢い世界になっているようなのですが、私の年代にとってはそのときの世界がバラ色の世界なのか悲観論者の予測するような世界なのか、その時まで生きていたいような、それも怖いような。
そのころの地球、どうなっているのでしょうか。ヒューマン・フレンドリーな鉄腕アトムのようなロボットをイメージしてきた我々世代にとっては、なんとかフレンドリーなAIをちゃんとプログラムして開発してほしいけれど、もはやそんなことは出来ずひたすら暴走してしまうのでしょうか。
あとがきには、スティーブン・ホーキング博士もビル・ゲイツも今では人類はAIによって滅びてしまうという悲観論をとなえ警鐘を鳴らしているとあります。警鐘が届くべき人達に響くことを祈るばかりです。

Written by intervistatokyo

2017/09/02 @  

カテゴリー: Books