マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

台風一過の敬老の日

昨夜は東京も雨が強くなりましたが、今日は晴れてしかも気温も久しぶりの30度超え。

2017-09-18 11.39.15(イチョウの木にはもう銀杏がいっぱい)
久しぶりに神保町の本屋さんで目的なく歩いて、面白い本をいくつか発見し購入。
やはりリアル店舗でのぶらぶら、大事です。
そして、神保町交差点の角のビクトリア・ゴルフ館が移転する前のビルにドン・キホーテが入っているのは知っていたのですが、ドンキってなんとなく入りづらく(気持ちの問題)みてこなかったのです、普段と違う店もたまに見なくてはと意を決し(おおげさ)、入ったら面白いもの見つけました。
興和の三次元マスクがピンク、グリーン、イエロー、オレンジ色の4色展開していました(5枚入りで1袋100円の驚き価格)。
世の中のマスク、機能的には高性能になっていて(微粒子をカット、しっかりフィットする、息苦しくない、のどを保湿、耳が痛くならない、いい香りがするなど)、最近では「小顔に見えマスク」(ユニ・チャーム)など次元の違う価値を提供する段階になってきていて、これからどんな方向に行くのだろうと個人的に思っていたところ。
そして、白以外のものはないのかなと思っていたので、やっぱりあるんだ~と納得。
真っ黒なマスクをしているロック系の黒マスク男子をこれまで何人か見かけましたが、この色付きマスクのターゲットはどんな人達なのでしょうか。色付きと言ってもクロと違ってほんのりカラーで、どきつくはない感じ。
もしかして、そのうち透明マスクも出てくるのか、いやはや、マスクで隠すことができるからこそ、表情読まれない、メイクしていなくても安心なんていう女子もいるらしく、そうなるとマスクする意味がないか、など勝手に妄想していました。
ということで、何を言いたかったかというと普段行かないルートを歩いたり、普段行かない店をみてみるのも脳に刺激があっていいことだと思った次第です。
今週は、今年6年目の企業研修がありますのでがんばります!

Written by intervistatokyo

2017/09/18 @  

カテゴリー: 気になりました