マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「消せるボールペン」30年の開発物語(小学館新書)を読みました

2017-11-12 14.39.26

世界で累計10億本以上も売れたパイロットの消せるボールペン「フリクションボール」の開発物語です。
フリクションは私も使ったことがありますが、まさかこんなに紆余曲折を経ていたとは思いもよりませんでした。
そもそも、この技術、メタモカラーという温度によって色が変わるインクを開発したことからスタートしています。
最初は、その技術を人形(髪の毛の色がドライヤーの熱で変わったり、温度の違う布で顔を拭くとメイクが出て来たり消えたりするなど)に応用し、玩具で利益を上げていき、時間をかけてペンの開発につながっていくのですが、当初は色の変わるペンへの応用でした、ところがあるとき、ヨーロッパの社長の一言、「ある色から別の色に変えるのではなく、ある色から透明にはならないのですか」がきっかけとなって”消せるボールペン”が誕生したとのこと。
なぜならフランス人の社長は、フランスやドイツでは子供が学習にペンや万年筆を使っており、この消せるペンはあらたな価値となることがわかっていたので、これは行ける!と思ったようです。
一つの技術(熱で色が変わるメタモカラー)が形を(玩具やカラーペンへと)変えながらしっかりと利益も出しつつ、さらに開発をすすめ、開発メンバーのあきらめない気持ちが最後には”消えるボールペン”として結実したわけです。
消せるボールペンを確実に求めている人(ドイツやフランスの学生)を知っている人(ここではフランス人の社長)が社内にいたことが僥倖でした、製品を強く求める人(ターゲットの思い)がしっかり具体的に見えているということはとっても大事ですね。

Written by intervistatokyo

2017/11/19 @  

カテゴリー: Books