マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 12月 2017

”欲望する「ことば」 「社会記号」とマーケティング”を読みました

2017-12-17 15.31.20

流行語大賞が発表される師走の時期。
1年ですぐに消えてしまう言葉ではなく、数年以上定着している言葉や概念(女子力、草食男子、できちゃった婚、断捨離、おひとりさま、加齢臭などなど)を社会記号と著者が呼び、それらを分析している本です。
社会記号には8つの機能があるという分析と、社会記号を生み出す4つの社会的要請の説明が印象に残りました。
これまでぼんやりと(潜在的に)人々が感じていた兆候や社会現象に、社会記号(名前)がつくことでそのことが注目され、その言葉によってそういうモノの見方が頭の中にセットされ、そのような現象や行動が容認されたり、追随しようとされたり、逆に恐れを感じたり、拒絶感が出てくることもある。
言葉ができた後に、その言葉を作った人の意図とは違う意味が付与されてしまうこともある。
そういう意味で記号だということなのですね。

今週は、これから年末に実施する調査の準備と来年の研修のための会議をします。あっ、年賀状も、書かないと~。

Written by intervistatokyo

2017/12/17 at  

カテゴリー: Books

とりたての長芋で、来年も滑り出し良く。

2017-12-09 16.58.32 - コピー

写真では大根みたいに見えますが、松本(に隣接する山形村)のこんなに長い長芋をいただきました。
スーパーで売っている長芋はだいたいカットしてあるので、もみ殻で包まれたこの長芋をみた時はびっくり!
65センチもありました!
早速グリルで焼いて生七味をつけて食べたり、鶏ささみとソテーし醤油を少しかけて食べたり。
生でいただくのも好きですが、焼くと少し焦げた時の香ばしいかおりがまたいいんですよね~。
贈ってくださった方の地元松本ではお正月に「年初滑り出し良く」と必ずとろろを食べるのだそうです。
なるほど!年初滑り出し良く!もちろん、とろろでもいただきます。

この週末は、クリスマスプレゼントを全て買い揃え、遠くにいる甥と姪と夫の両親と兄弟には包装して箱に入れ郵送の準備。近くの甥と姪にもほぼ買い揃えました。これが終わるとほっとします。
今週は、明日のトップラインレポートの報告会後、フルレポートに完成させる仕事が待っています。

Written by intervistatokyo

2017/12/10 at  

カテゴリー: 食べてみました

今年もあと1か月

今週は、先週実施した調査の報告書作りをスタートします。まずはトップラインの作成です、、。トップラインではあっても基本的に最終的に書くべき要点の洗い出しをまずはしないといけないので、作業工程は同じ。
週末には発言録を印刷し、蛍光ペンでハイライトしながら発言録を読み始めました。
発言録を読んでいると、デブリーフィング(インタビュー後のまとめの会)の時にみんなで出し合ったファインディングス(結論のもとになる発見)の元データがここに潜んでいたか!と再発見した気分でうれしくなります。

発言録を読み終え、対象者の人達にお願いしていた事前タスク(宿題)を読み終え、グルイン時に書いてもらった自記入票も見直すと、インタビュー直後にはぼんやりとしていた輪郭が一気に見え始めてきます。この段階でようやくパソコンに向かいます。ここまでくると、あとは頭の中にあることを一気に形にするのみ、時間はかかりますが、作業していけばどんどん整理されてきます。遠い存在のようだったターゲットの気持ちが、身近に感じられてわかってきたときやターゲットごとに違う特性やその中での論理性みたいなものが見えてくると、全体の構造がすっきりとしてきて雲が晴れてきます、提案すべきことも見えてきます。今回も早くそこまで到達したいです。

お歳暮が届きお礼メールが行きかって、あとは年賀状と姪や甥のクリスマスプレゼントもどうしようと思いながらも、まずはレポート作成に集中です!

Written by intervistatokyo

2017/12/03 at  

カテゴリー: インタビュー