マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 1月 2018

Le Grand Gala 2018@シアターオーブへ

2018-01-13 14.48.04 HDR

パリ・オペラ座バレエ団のトップダンサーによるガラ公演。
オペラ座の若手、ユーゴ・マルシャンは応援したいエトワールの1人です。昨年3月の日本公演終了後その場でエトワールに任命されたときの感動は忘れられません。オニール八菜も若手で有望なプルミエール・ダンスーズ。
「ヴェーゼンドンク歌曲集」では、ジェルマン・ルーヴエ、ユーゴ・マルシャンとオニール八菜の3人が超シンプルな衣装で踊ります。ダンスというよりも体がそこで動いているという生生しさを感じました。
ユーゴ・マルシャンのダイナミックで大きな動き、光っていました。オニール八菜さん、身体の線がきれいですね~。そしてトウシューズの紐、なんであんなにきれいに結び目を感じさせずまとめられるのでしょうか、そんなことまでもついついオペラグラスでみてしまいました。
「トリスタンとイゾルデ」では、若手に対してベテランのエトワール2人も素晴らしかった。
若手3人より10歳も年上なんですね、円熟というよりも経験による芸術性の高さを感じます。
マチュー・ガニオとドロテ・ジルベールの妖艶で官能的な動きはとにかく美しかったです。
2人の揺れ動く感情をイーチン・インがデザインしたまとわりつくような薄布の衣装とマンチーニの振り付けで見事に伝えていた気がします。

Written by intervistatokyo

2018/01/12 at  

カテゴリー: バレエ

PLUTO@シアターコクーンへ

2018-01-13 14.46.49

アトム好きですし、森山未來さんと土屋太鳳ちゃんのダンスも観てみたかったので行ってきました。
観客の男女比率は半分ずつぐらいでしょうか、浦沢直樹のPLUTOファンと思われる男性も(会話から)。
舞台におかれた箱のようなものを縦横無尽に動かしながら、場面展開するのですが、そこにプロジェクションマッピングで原作の映像なども投射しながら、箱があらゆるものに変幻自在に変わっていくからあら不思議、舞台美術ってすごいですね。
そして、登場人物のアトムやゲジヒトやヘレナを動かすシャドウのようなダンサーたちが、また素晴らしい!
人形浄瑠璃の人形使いのように、一つ一つの動きを誘導します。その動き自体がまたダンスのようにきれいなのです。
プロとは言え、あんなに複雑な振り付けなのに良く覚えられる~と感心してしまいます。
2幕の森山未來さんとダンサーたちの動きも、キレッキレでした。太鳳ちゃんも2役演じ分け見事でダンスも良かった。
全体のテーマとなっている憎しみ、これも深いテーマでした。

Written by intervistatokyo

2018/01/08 at  

カテゴリー: その他

2018年、あけましておめでとうございます!

2018-01-05 12.00.31

なぜそれを買うのか、何のために買うのか。ちゃんと聞いていくとその背景にはその人が達成したいことや、人生において目指したいことまでが隠されているはず。
それを”におわす”生活者のちょっとした言葉を見逃さないようにしたいです。今年は戌年ですしね!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末にいただいた長芋やとろろ汁をたくさん食べたせいか、年初の滑りだしも好調です(2018年初の仕事が)。
健康に気をつけ、色んな方々との出会いを楽しみにしながら、仕事をしていきたいと思います。
写真の左側のお皿にある丸いものは、友人にいただいた「讃岐かがり手まり」で、まり芯に白檀や丁字などの天然香原料が入った「にほい手毬」です。お正月にぴったりの香りなので飾りました。

Written by intervistatokyo

2018/01/05 at  

カテゴリー: その他