マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

「その調理、9割の栄養捨ててます!」(世界文化社)を読みました

2018-02-28 16.27.28

友人が「これ、もうびっくりよ~」と貸してくれた本。私もが~ん、今まで知らなかったことだらけ~。

知っていたのは、納豆をアツアツご飯にのせて食べない方がいいということぐらい(70度で酵素が死滅するから)。
白菜は芯から食べないと損だとか、ブロッコリーは切ってから4~5分置いた方が抗がん物質のスルフォラファンが出てくるとか、レタスを長持ちさせるためには根元の成長点を爪楊枝で刺すといいとか、ショウガは、加熱した方がショウガオールが30倍もたくさんとれるとか、もう目からうろこが続々落ちました。
これって家庭科で教えて欲しかった・・・。
しかし、トウモロコシは実よりも芯やひげにカリウムたっぷりなので、芯をスープの出汁にしたり、ひげを乾燥させてお湯を注げばコーン茶になるということ。う~む、そこまではなかなかできないかも、、。
でも普段捨てているもの(芯やヘタや皮)にこそ栄養分がたっぷりということが良く分かる本でした。

先週末は土日で6グループのインタビューを無事終了できてほっとしました。
体力を保つためにはやっぱり食事が大事ですから、この本で書いてあるように身体にちゃんと栄養が届くように調理しなくちゃ!と思った次第です。

Written by intervistatokyo

2018/03/01 @  

カテゴリー: Books