マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

門前仲町から清澄白河

今週は、ウエブ・リクルートのためのスクリーナー票を作成し画面チェックも行って応募がスタートした。
出現率の低い調査対象なので、なんとかうまく行きますように。

半年ぶりにハワイから帰国している友人と、門前仲町から清澄白河までを散策。
まずは深川不動尊へ。参道にある店で、早速”つげ”のコンパクトなブラシを買ってしまいました。
つげの櫛はよくあるけれど、こんなに小さいブラシは見たことがない。お店の若いお兄さんの説明を聞くと椿油をしみこませてあるので髪がツヤツヤになるし、頭皮マッサージ効果も抜群とか。友人と私でそれぞれゲット。
若いお兄さんの説明が上手なのと店頭で実際に使えたのが購入の最後のひと押しだったかも、、椿油も買いまして、私ぐらいの年代の髪の毛関連グッズの購入費アップは納得です(と勝手に分析して苦笑)。

お昼に深川飯を食べてから、清澄白河まで歩き、途中ブルーボトルコーヒーはすでに2人とも他店で飲んでいたため入らず、校外学習気分で深川江戸資料館を見た後、手作りの和菓子が食べられるお店へ。
私は、葛切りを。この葛切り、上に梅干しが乗っていて、種を取った梅干しの中にあんこが入っているという凝り方。
甘いのと酸っぱいのが絶妙でつるつるっと入ります。友人は季節の和菓子と珈琲のセットを。
2018-04-20 18.00.222018-04-20 20.04.51

その後、清住白河庭園に行き中をぐるっと歩いてから、夜ご飯は、清澄白河のbotanというお店へ。
目の前の大皿に盛られた色んなおかずを少しずついただきながら、色んな話が出来ました。
特に”めひかり”の南蛮漬けや、花山椒を入れてお出汁で鯛をささっと湯がいて食べる小鍋が美味しかった。

Written by intervistatokyo

2018/04/21 @