マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

Archive for 6月 2018

競合製品(カテゴリー)の試食

プロダクトアウトでなく、消費者起点で新製品開発をする実践的な研修のアドバイザリーを今年からさせていただいてまして、コンセプトの段階まできています。
競合含めて参考になるようなカテゴリーの食品を先週から試食しまくっています。
何年も前に、ある企業の菓子の調査をした時、甘い競合製品を食べすぎて虫歯がいっきに増えてしまいましたが(笑)、今回はそういうことにはならない食品カテゴリーですので、安心して食べております。

先週あらためてコンビニやスーパーを廻ってみましたが、いかに普段の買い物では決まったところしか見ていないことか!
いつも見る決まった棚の2~3の候補からだいたい決まった製品を買うという購買行動に落ち着いている人は多いはず。売り場で新製品に気づいてもらうことは大変なこと。まして、普段立ち寄っていない棚を見るように興味を持ってもらうことはもっと大変なはず、習慣になっている行動を変えてもらわなくてはなりませんから。
今週はそれぞれが食べてみた感想を持ち寄って、さらにコンセプトが具体的になっていく予定。楽しみです。

Written by intervistatokyo

2018/06/24 at  

実山椒を塩漬けに

先週末、出かけた先の道の駅で実山椒をみかけ、この時期だけなので即ゲット。

2018-06-12 20.02.592018-06-12 21.16.242018-06-12 22.33.06

クックパッドで調べて、湯がいてから塩漬けにしてみました。湯がいてから水にさらしてアクをとります。
湯がいてから小枝を取るのが少しだけ手間ですが、そこは多少残っても大丈夫みたいなので、神経質にならずに。
湯がく時間と水につける時間を変えると辛味も調整できるようですが、なんせ初めてなので今回は実験的に10分程度湯がいてみました。白いご飯にのせたり、お刺身と一緒にいただいたり、これ、あっと言う間になくなりそう。

Written by intervistatokyo

2018/06/16 at  

「マーケティングとは”組織革命”である」(日経BP社)を読みました

2018-06-03 12.04.29

ものすごく面白くて、ワクワクしながら2日ぐらいで一気に読んでしまいました。
著者の森岡さんの熱量が伝わってきます!
前の著書「USJを劇的に変えた、たった一つの考え方」もすごく面白く、参考になるので周囲の人にも薦めたところ、とてもわかりやすいと評判でした。そして、この本もわかりやすい!
私もうすうす感じていた提案が通らない時の背景や理由がわかりました。
第2部、7章と8章の提案を通すために誰をターゲットと設定するのかとそのターゲットの心理分析の明快なこと。
なんとなく暗黙知的に感じていたことが、文章になっていて、す~っと理解でき、納得できます。
著者自身のP&G勤務時代の若かりし頃の失敗や、USJ時代の成功体験、両方踏まえた上での指南書なので、とにかく説得力があります。今回も周りの人に薦めたいと思います。

Written by intervistatokyo

2018/06/03 at  

カテゴリー: Books