マーケティング Diary

インタービスタ 上野啓子のブログです

タイ出張から戻りました

今週バンコクにてフォーカス・グル―プインタビューを実施してきました、といっても私はタイ語が出来ませんので、プロフェッショナルなタイ人女性がモデレーター。
私の役目は、現地の調査会社さんと得意先企業との間に入り、調査設計、コンセプト開発のお手伝い、そして実査前日には、定性調査の勉強会をしてきました。
インタビュー当日は、開発の人達、マーケティングの人達、そして営業も参加し、インタビューを観ましたが、タイのターゲット層のコンセプトへの共感は高く、試作品の評価も良く(改善すべき点はありましたが、それも明確になり)、とても有意義な調査になりました。
グルインをみている得意先企業のタイ人がみんな笑顔になって、やった~!とガッツポーズで喜んでいる姿を見て、私も大感動。
3月にタイでワークショップをしてから、半年間かけビデオ会議で何回も討議しながらみんなで作ってきたコンセプトと試作品だったので良かった良かった!
当たり前ですが、日本の消費者とタイの消費者の感覚は違うので、現地主導で進めていくことが大事とあらためて思いました。ビデオ会議で疑問に思っていたことも、目の前のタイの消費者のコメントを聞いて「なるほど~」と思う瞬間が何度もあり、発見だらけの調査でした。
あとは、今後いかにコンセプトを守りつつ試作品を改善し、効果的なパッケージを作って、店頭に並べてもらうこと(これはこれでまた次の関門が待っている)、簡単ではありませんがまずは最初の関門突破というところ、達成感を味わっています。

Written by intervistatokyo

2018/09/15 @  

カテゴリー: インタビュー, 研修